タグ:外食。 ( 29 ) タグの人気記事

牛たたき。朝ごはんを食べに行く。

c0234685_22200246.jpg
・牛たたき いちじくとブルーベリーのソースで
・赤と緑と紫のツナ入りサラダ
・だだちゃ豆ビシソワーズ豆乳仕立て
・イカ入り練り物のチーズのっけ焼き

おともだちに教えてもらった黒胡椒たっぷりツナとピーマンと玉葱の組み合わせがすっかり気に入ってしまいサンドの具だけじゃなくマリネに。マヨは使わず白ぶどう酢と塩と砂糖にレモン搾って昨日からマリネしておきました。夏っぽい味だなー。止まらない♪
たたきはちょっと火を通しすぎた。これも昨日のうちに作ってつけだれにIN。ソースはいちじくとブルーベリーと赤ワインとバルサミコにはちみつに醤油でことこと煮てみました。いい塩梅。

8月最後の日曜日。朝ごはんを食べに行こう!

c0234685_22192040.jpg
自分。フツウ

c0234685_22192802.jpg
リコッタチーズのバナナパンケーキ。夫。ふわふわ
初めて食べたわ。今度はそっちにしよう。

素敵おでかけスポットではなくご近所。

c0234685_22190880.jpg
朝から暑すぎて残念ながらテラスはムリ。もう少し涼しくなったら外で食べたいな。

c0234685_22185816.jpg
夫は冷たいコーヒー、ワタシはトマトジュースで。
最近のこの瓶に入ってくる感じ、ちょっとギモン。フツウにグラスにしてほしい。だって瓶なんだもん。

どこにも行かないけれど燦のケージも丸洗いしたし、先週をとりかえすくらい小鳥chanといっぱい遊ぶことができたよいお休みでした。




[PR]
by yasushi-shi | 2018-08-26 22:31 | よるごはん。 | Comments(12)

とりとめなしのばんごはん。  ちょっとそこまで。埼玉へ梨を買いにゆく。

c0234685_21312098.jpg
・茄子とパプリカの揚げびたし
・茄子のザアルーク、おいしい食パンで
・焼きもろこし
・チーズ入り笹かま
・ゴーヤの酢麺つゆ漬け
・枝豆
・水茄子の塩昆布和え
・いただきものの柚子入りさんまの押し寿司

おなかがあまり空いておらず、冷蔵庫のありものを並べただけのばんごはん。茄子の揚げびたしはゆうべ唐揚げのついでに作っておいたもの。
先月青森旅行を敢行したので今年のお盆は旅行はなし、ということでのんびりなお休みを過ごしております。むしろ自分はこれくらいの方がスキ。毎年こうならいいのにな。とはいえおでかけ好きな夫は物足りないようで「さいたまに梨買いに行こう!」な計画を立ててくれました。以前武蔵浦和に住んでいた時には気軽にドライブできていたけれどこちらに戻ってきてからはちょっとご無沙汰埼玉県。ここいらにも梨はあるけれどお高い割にはさほどでもないので二つ返事でGOGOGO☆

まずは蓮田で梨を買い、自分らの親の家へ配送の手配を済ませたら直売所めぐりの旅へ。嵐山、小川町の直売所を流し東秩父和紙の里へ。

c0234685_21452343.jpg
東秩父の直売所、いつのまにか引っ越して和紙の里と一緒になっているしこんな立派なバス停出来ちゃって。
ここいらも気温35度なんだけれど自分の住む街と違うように感じるのは吹き抜ける風と木陰の涼しさ。ここにはいい「夏」があります。都会の35度には逃げ場がない。

c0234685_21463660.jpg
とりあえず前にもあったお店はみんなこちらに来ているようでホッとする。しゃくし菜入りおやきを食べたり骨董屋でお皿みつけてホクホクしたり。
本格的にお腹が空いてきたけれどお昼ご飯をどこで食べるか決めていなかったのでふたりでスマホせんせいに問い合わせる。ワタシ案のブルワリーは却下され(がっくし。でも休みだったかもね。いつか行きたいな、マイクロブルワリーさん)

c0234685_21542131.jpg
頭のなかは「ビールビールビール」でした。が、こちら、のみものはなしでちょっとガックシだったけれどいざお品が届いたらそんなことは吹っ飛ぶほどおいしかったうどん屋さん、小川町「あそび」さん。普段ならお蕎麦屋さんを選ぶことが多いおおぐらい家でうどんを選ぶこと自体が珍しいのです。ワタシは茄子肉うどんをかけ、夫はつけ、で。これがまあ、おいしいのなんの。特に茄子ときたら!素揚げされている茄子はとろけるようなふんわりと柔らかくコクのある食感でたぶん1本分まるまるはいっていました。これだけでもおいしいのですがうどんが!太くしっかりしているのです。

c0234685_21541445.jpg
麺自体は夫の選んだ「つけ」の方がより楽しむことが出来るかも。足りないかな、と思ったけれどなんの肉も揚げも茄子もたっぷりで大満足。大変おいしゅうございました。

お腹がいっぱいになったら栃本親水公園へ。

c0234685_22024870.jpg
川の中の飛び石を伝って渡ると気持ちの良い風と水の流れる音で耳の中に幸せがあふれます。緑が目に染みる。
名残りを惜しみつつときがわの方を流して帰路につきます。

c0234685_22065126.jpg
今日の収穫。あれ?お皿も?

c0234685_22072533.jpg
昭和初期くらいのものですって。またひとつお気に入りがやってきました。

c0234685_22064207.jpg
そしてお久しぶりの柚子の粉。これ、使いきれたためしがないのですがこちらに来るならこれは絶対に買わないとねなお品なのです。季節的にはハズレなので残っていてよかった。

c0234685_22090768.jpg
この茄子、巨大なのにこのお値段ですよ。そしてさいたまの野菜はウマイ。

c0234685_22104326.jpg
お留守番だった燦。もちろん移動中もストーキング、じゃなかった室温チェックを欠かしません。帰ってきてからたくさん遊びましたヨ。

c0234685_22113992.jpg
おいてけぼりにしたでショ!
ごめんごめん

c0234685_22125080.jpg
こんなこともできるのネー  すごいねえ

c0234685_22134698.jpg
たっぷり遊んだあと、あくびが出てきたら帰宅をオススメします。
どうしようかな。。と思い悩む燦。このあとしばらくしてぽいっとぶらんこに飛び乗りおやすみなさい、でした。

楽しい一日。






















[PR]
by yasushi-shi | 2018-08-14 22:15 | よるごはん。 | Comments(8)

めくるめく週末。

シアワセ貯金が一気に解約されてしまったかのような週末を過ごしました。

金曜、仕事終わりはお友達とモロッコ料理のお店へ。
始まりはモロッコのビールで
c0234685_21083577.jpg
茄子のディップ的なヤツと

c0234685_21084507.jpg
素朴でおいしいパン。このパン,ちゃんとあたためられていて表面パリっと、中もっちり。どえらくおいしくてそのままでもいくらでも食べられそうでした。茄子と一緒だとワインも一緒に永遠ループ?

c0234685_21105868.jpg
てわけにもいかない。ほかにも魅惑のメニュウで頼みたいものだらけでしたから。鳥と白瓜とコリアンダーの和えたの。

c0234685_21115416.jpg
ラム肉団子のタジン。これ!!トマトの味と甘い玉ねぎが優しくラムを包みこんで最高においしい。ぐつぐついっていうのがたまらーん!!
もちろんパンおかわりです。

c0234685_21133921.jpg
どれもおいしかったのですが今回一番「わお☆」だったのがひよこ豆とレーズンのクスクス。飴色玉葱と一緒にクスクスにのっかっているのですが、このソースが美味しい。甘じょっぱいバター味?白いコメにかけてもイケそうなお味。レーズンとシナモン薫るフシギなひとさらをまとめるソースが素晴らしかったです。
お腹いっぱいだしそろそろお茶でシメましょうかね、とお願いしたところ思わぬ出来事が。

c0234685_21195686.jpg
頼んでないよ?あれ??
なななんと、サプラーイズ。
こんなの初めてだよ。。感激のあまりどうしてよいかわからずうろたえる自分。
20歳の誕生日が近いワタシに友人がこっそりお店にお願いしておいてくださったのです。ウソー!!(うそ。何回目の成人式だw)
ロウソクをふーって吹き消すときの面映ゆさ。ちょちょちょ。て、照れる~
それ以上にあまりに嬉しくてどんな顔したらいいのかわかりませんでした。
そしてこのアイスとヨーグルトのムースかな、が大変おいしいのです。ミントは飾りかね?一緒に食べたらいいんじゃないの、ええーと話しながらでもミントと一緒に。それが!実にマッチしていたのです。甘い乳製品に爽やかな香り、柔らかいミントは苦みがなくふわふわ。

c0234685_21200268.jpg
フレッシュミントのお茶がまた実においしく。
静かな住宅街にある小さなお店で本当にいい夜を過ごすことができました。
ありがとう、ありがとう。素晴らしい夜をありがとう。

c0234685_21333065.jpg
そしてまだあるのです、素敵なものが。
彼女は津軽びいどろのグラスをハイボール用に、とプレゼントしてくださったのです。
この煌く色が散ったグラス。生き生きとした色は彼女のよう、なんて気持ちの良い元気をもらえる色!帰宅してすぐ、お風呂上りにソーダを飲みました。このグラスは棚に席はありません。だってね、冷蔵庫にいれて冷やしておいて常に使えるようにしておくから。毎日使います。うれしいな。

そんな素敵なフライデーナイトが明けて土曜日、今度は夫からのサプライズが。

c0234685_21393816.jpg
イエーイ!!
3日前にチケットが届きました。これ、とれなかったやつじゃん。。!「喜ぶかと思って」
ちょっと上乗せして買ってくれたそうです。喜ぶどころかベランダから落ちちゃうかと思ったよ。気をつけないと上の空で交通事故にあったり急に走りだしたがために当たり屋的事故起こすかとヒヤヒヤでした。ギャー!!

c0234685_21391361.jpg
ちょっと早めに会場へ乗り込み、キリン本社のおひざ元のビアガーデンぽいところで腹ごしらえ。アツアツなのに信じがたいほどマズイ唐揚げとしょっぱすぎるポテトフライ(味濃い好きなワタシでさえ完食できないほどの塩辛さ。殺人的ポテトフライ)を食べる。しかし大きなパラソルの下、広々とした気持ち良い公園の雰囲気と夏の湿気を含んだ空気が心地よいので機嫌よく過ごすことができました。
久しぶりの民生の声はやっぱり素晴らしかったです。最近電気スカパラ電気スカパラ、みたいな感じだったのでちょっとそののんびりムードに肩すかしな気持ちになりましたがそういえばこんなだった、と思うのとその歌声と演奏に夢中に。とてもいいライブでした。
そのうえ!アンコールのゲストがまさかの井上陽水という(最初でてきたときに「リリー・フランキー?!」誰かわからなかった 笑)できすぎた一日にまたしてもちょっと怖くなりました。幸せ貯金はマイナスで借金になっちゃったんじゃ。。
井上陽水。一気に空気を変える、さすがの大御所。

c0234685_21572858.jpg
こんなステージ。開始前にみんなが撮影していたのに混じってパチリ。

c0234685_21581071.jpg
自分の席からは遠い。ただ会場が小さめなのでもっと近い感じで見ることが出来ました。

開演17時、という早さだったので終わっても19時半。フツウなら始まる時間だよね、と話しながら街を探索。一度行ってみたかった中野ブロードウェイに行きましたがあそこは夜が早いのね、どんどん店じまいしてゆくところでした。ここならワタシ一日いられそう、危険地帯。
外に出たら出たで呑み屋さんがいーっぱいのまたしてもキョロキョロせずにはいられない魅惑地帯。幻惑されて店が選べまセン。歩くのも楽しく、このままだとジプシーの挙句すきっ腹で帰るハメに。。なんてことにならないようにテキトウなところで手を打つ。

c0234685_22030668.jpg
山形料理&焼き鳥、のよくわからんお店。1Fはカウンターと外にも先がありましたが暑いので2Fの席をお願いしたところ貸し切り状態でした。誰もいない。なんと幸運。
焼き鳥が来るまでの間、ライブのことなど話しつつのんびり。酒のみでない夫はこういうところへは普段行きたがらないのでそれだけでもワタシには嬉しかったのです。
こんなにお店あったらばんごはん作らなくなっちゃうね、と言ったら大丈夫、そんなおカネないから、ですって。たしかにそうだ。
燦にはちょっと申し訳なかったですがいい夜でした。

そんな週末。嬉しいことがありすぎて、めまいがしそうな週末でした。しあわせだ。



























[PR]
by yasushi-shi | 2018-06-10 22:14 | その他。 | Comments(26)

しゃぶしゃぶ。

c0234685_21332482.jpg
・しゃぶしゃぶ(ぶた、うし)
・スパイシー〆さば
・ココままレシピの柚子大根

昨日ウンザリきりきりするほど(実はたいしたもんじゃない)家事をこなしフキゲン大魔王だったのでおひるごはんはお蕎麦屋さんへ連れ出してくれたました。年越しだから混んでいたけれど待った甲斐のある好みの味のお店でした。

c0234685_21344697.jpg
ふるまいの甘酒と樽酒。大きな樽のお酒はなんと鶴齢!!杉の香りがスバラシイ。さらに素敵なのはおかわり自由なところとぬる燗が用意されてるところ。ま、相応にまちましたが隣に座ったおばさまとお話しできたり年末気分は最高潮に盛り上がりました。え?家のこと?そんなのカンケーなーーい!!(パンいちで)

c0234685_21422546.jpg
おかわりー
いくらでもできちゃうけれど、自重して一回。今度はあったかいのをいただきました。


c0234685_21432844.jpg
にしん、おいしかった。

c0234685_21433701.jpg
天つゆはそのまま呑むのがおいしかった。(お行儀悪くてゴメンナサイ)
天ぷらは塩で食べるのがスキ。テーブルに塩があってホッ。

帰りには普段夫が行くことが出来ない本屋に寄り、肉を買いのんびりした大晦日。



さて、やっと覚えた2017、平成29年もあっちゅーまに今日で終わりです。光陰矢の如し。書類間違えないで書けるのか?!
今年もみなさまにたくさんのお言葉をいただきましてどうもありがとうございました。おかげさまでとても心躍る楽しい時間をいただきました。今日と明日の境目はいつもと同じ、小さいようで、でもちこっと違う新しい時間の始まり。背筋を伸ばして迎えたいと思います。
来る新しい時のはじまりがみなさまにとってよきものとなりますように。心地よい風吹くものとなりますように。



[PR]
by yasushi-shi | 2017-12-31 21:54 | よるごはん。 | Comments(12)

あさごはんを食べに行く。

ぴかぴかのゴキゲンなお天気の今日、おでかけしようと隊長の掛け声がありましたのでどこに行くのか知らないまま洗濯物をふたりでさささと片づけ車でぶいーんと出発。昨日昭和記念公園の銀杏並木の話をしていたのでそっちかな、と思っていたら。

c0234685_17172798.jpg
こんなところでした。佐島。
開店が9時、五分くらい前に到着でしたがすでに2、3組待っている方たちが。
あたたかい恰好してね、と出がけに念押しされたのでマフラーにコートに帽子を持参していました。そのわけは

c0234685_17135286.jpg
こんな海際のテラス席だから!!足元は海。ちなみにお向かいの素敵な建物はおもちゃ博物館の館長さんの別荘なんですって。写っていませんが。
海の向こうには富士山。

c0234685_17215931.jpg
足元にこんなランプがありました。夜、きれいなんだろうなあ。

c0234685_17183254.jpg
ワタシ  地卵とイベリコ豚ベーコンのエッグベネディクト コーヒーと

c0234685_17253321.jpg
夫  エッグロスコとコーヒー

ベーコンの厚さと大きさにわお。でもヤツは脂身残してた。
豆のサラダがおいしかったな。

c0234685_17274942.jpg
魅惑の「トロリ」
ポーチドエッグが完璧すぎてふるふる。

大満足のあさごはんを食べたら海へ散歩に行くことに。ちょっと先の葉山まで移動して海岸をぶらぶら逗子の方まで散歩しました。

c0234685_17301388.jpg
どこもかしこも絵になる風景。

c0234685_17304495.jpg
きらきら。
あーやっぱりこちらに引っ越したい!!いい物件ありませんかー 














[PR]
by yasushi-shi | 2017-11-12 17:31 | おでかけ。 | Comments(18)

豚しゃぶ。

c0234685_22053166.jpg
・豚しゃぶ、薬味いっぱいで(鬼おろし、みょうが、細葱、青柚子)
・ますのすし 富山
・がっこ&クリームチーズ

今週も雨の日曜日でフットサルに行くことが出来ずガッカリな夫。運動不足解消としばらく前に買った長靴の試し履きを兼ねて駅前まで歩いてお買い物→選挙へ行ってきました。長靴はお気に召したようでよかったよかった。

ゆうべは友人たちと横浜にあるクラフトビールのお店へ行ってきました。ビールのみならず食事がおいしかった!けれど久しぶりに会ったため話に夢中で写真は一枚だけ。フィッシュアンドチップスにはモルトビネガーもついてきてアツアツ、サクサク非常に美味。ほかにもチポトレと青海苔のナントカ(チポトレとなんとか、一つの題名に対して二つも知らない単語が入っていたため覚えられず。ピザ生地に青海苔を練りこんで揚げたものでポンテケージョっぽい。うまし)や自家製黒ビールのソーセージやらラムと茄子のケセディアなどなど大満足の夜でした。
c0234685_17032399.jpg
台風がどうなるか心配でしたが無事に過ごせてよかったね。楽しかったな。
また行こうね。いい夜をどうもありがとう。


[PR]
by yasushi-shi | 2017-10-22 22:08 | よるごはん。 | Comments(2)

豚の角煮。

c0234685_21291095.jpg
・豚の角煮
・蓮根とオクラの陸兆さんパングリル
・ピオーネとスモークサーモンのバルサミコマリネ
・昨日のつづきのけんちん汁

昨日フィス子でしゅしゅっと仕込んでおいた豚の角煮。ロゼのワインが呑みたかったのです。赤じゃない。


父に会いに行きました。お彼岸で混むかなと思い朝早い出発。
ほんの二月ぐらいしかたっていないのにずいぶん経ってしまったようなすぐのような不思議な気持ち。お寺さんで飼い始めたラブラドールの子犬が少年くらいの感じになっていて時の流れを感じる。アホアホでかわゆい赤ちゃん時代は卒業して反抗期の少年のようにふてくされた様でだらっと寝ていました。

c0234685_21365971.jpg
帰りについでに中華街でお買い物。

c0234685_21381404.jpg
なくなりかけていたお茶とか搾菜とか調味料などなど。今日はずいぶんにぎわっていました。最近閑散としているし食べ放題のお店ばかりになってしまった中華街。国慶節が近いせいでちょっと浮き立っているようでした。

c0234685_21421854.jpg
とりあえずのタピオカミルク。小腹も空いていたので超詰めも。分かっちゃいたけれどやっぱりどうにもニガテな匂いで完食できず無責任に「あげる」で夫に。

混雑する中華街を出てお茶でもしよかと車にもどりがてら関内方面へ。するとなにやら人だかりが。あら撮影かしらね、と物見高く近寄る。(ちょうどお目当てのサンド屋さんの脇だったし)路上に止めた車の中での撮影でおディーンさま、ディーン・フジオカさんが!おお、あのひとすごくはっきりした顔立ちなのね。たしかにカッコいい。が、歩いているところを見るとちょっとふっくら?そしてお相手は武井咲ちゃん。かお小さい&目大きい&背が高い!結構ふくよかな印象があったけれど細すぎやしないか、と心配になるおばちゃんでありました。いいもん見た。でサンド屋さんへ。

c0234685_21440953.jpg
モヒート頼む。見えない角度の脇では撮影続行中。でもテラス席は静かでお隣の親子連れが連れていた若いキャバリアがおとなしくてかわいくてチラ見どころかあやしいくらいにじろじろ見ちゃう。

c0234685_21441837.jpg
スモークサーモンとチーズのサンド。思いのほかウマくてうれしくなる。ああ、このあたりは懐かしくて大好きな場所。休日はとても静かなのです。

c0234685_21535046.jpg
野球にはまっったく興味はありませんがココで出されるビールを一度飲んでみたかったのです。でも野球見ないし、と思っていたらベイスターズのお店がちょっと前にオープンしたので


c0234685_21553428.jpg
ベイスターズエール

c0234685_21560726.jpg
お外で。いつの間にこんなオシャレなことに?てかホエールズじゃないんだっけなと思っちゃうくらいな無知ぶりです。

c0234685_21584038.jpg
噴水もこんなことに。オケツ、ちゃんと割れてるんだねプミラでできているけれどと感心する。

楽しい一日でした。父さん、気がついてくれたかな。遠足みたいで悪かったね。













[PR]
by yasushi-shi | 2017-09-24 22:00 | よるごはん。 | Comments(12)

いくら丼。

c0234685_21454512.jpg
・いくら丼、ハハ仕込みのいくらで
・夕顔の中華スープ
・ヤムウンセン
・絹揚げお好み焼き風、陸兆さんパンで

鮭の卵が出回り始めるとそわそわしだすハハ。一年分を仕込むのです。だからワタシはいまだに自分で処理したことはないしする気も全然ありません。かーさんのが好きだからです。塩味と醤油あじ、どっちも好きだけれど塩味の方がより好き。もちろんハハもそれを知ってくれています。

c0234685_21501546.jpg
日差しは強いけれど空が高く風がさわやかになってきた。どっどどどどうでかりん、吹き飛ばされたらたいへん。

用事を済ませたのち、かき氷屋さんは空きがあるかなと覗きにゆくと前回よりお客さんは入っていましたがとりあえず並ばないで済む様子だったので食べて帰ることにしました。

c0234685_21465880.jpg
和三盆レモン

レモンの苦味がまったく感じられない!自分はもう少し苦くてもいいくらいかな。中にはヨーグルトのソルベ入り。ああ、しかしレモン味っておいしい。香りがとても好き。氷で体の中がすっきりしたら満足して家路につく。

c0234685_21461167.jpg
夕方の光が澄んできました。こうして季節が変わってゆくのは毎年のことなのに何度繰り返しても新鮮な気持ちになります。
日が落ちたころ、薄暮の中を走りにゆくと虫の音が大きく聞こえてきました。どうしてみんな一斉にそろうのかな。どこにサインがあるのだろう。




[PR]
by yasushi-shi | 2017-08-28 21:58 | よるごはん。 | Comments(10)

かき氷を食べにゆく。

先日美容院に行った折に用意された雑誌が運よくかき氷特集のHanakoでした。どれどれ、最近はどんなのがあるのかのうと興味深く読み始めたならば。あら、ここ行けるじゃないの!な場所が。表紙のお店。

早速行っちゃいました。メニュウはどれも魅力的。でも。これは。。どんな?!てことであまり迷うことなくさくっと注文。

c0234685_21083846.jpg
「ほろ苦甘夏とバジル」

これがなんとも驚きのお似合いぶり。主張しすぎないけれどいい香り、甘夏だけならたぶん物足りないけれどバジルがあるおかげで輪郭がはっきりしたお味に。そしてなんとかき氷のなかにはヨーグルトのソルベが!このソルベに行きあたると俄然バジルが歌いだすのです。乳製品とバジル、やっぱり合うなあ。

c0234685_21085740.jpg
こんなメニュウ。さて次は何にしよう♪河内晩柑橘かはちみつレモン?瀬戸内レモンとはどのくらい違うのかな。平日限定の抹茶あずきも捨てがたい。

c0234685_21091536.jpg
店内もお庭もとても素敵。席数は10席くらいでこじんまりしていてなんとも居心地がよいのです。ワタシが行った時にはご年配の方々4人組がいらしただけで、しかももう帰られるところ。ひとりのんびり貸し切り状態で雰囲気を楽しみながら食べることが出来ました。土日なら一時間待ちとのことなのでタイミングがよかったようです。
この夏のお楽しみスポット確保ね。

お盆休みが近いせいかどうも気分がウワツいているようです。そんなつもりはないけれど、やっぱりちょっと浮かれているみたい。



[PR]
by yasushi-shi | 2017-08-06 00:18 | 外食。 | Comments(14)

ちょっとそこまで。新潟 鵜の浜温泉~長野 切明温泉。その2

そのままウヤムヤ。。にしようかと思いましたが一応続きます、旅行の記録。


お昼ごはんを食べに向かったのは高田。車を停め、ぶらぶらしながらお店に向かいます。風情ある様子だけれど驚くほどの人気のなさ。お昼時でG・Wなのに。

c0234685_13251177.jpg
もしかして夜だけの営業?それにしたって歩いている人が全然いないって。
おひるごはんを食べるお店の候補は2軒(しかなかった)。外から眺めて決めた方に入りました。

c0234685_13293281.jpg
八海山泉ビールのヴァイツェン、アルトのハーフ&ハーフを頼んでご飯を待ちます。だいぶ混みあってきてはいるものの満席ではないのですぐ来るかと思いきや待てど暮らせどなかなか来ないの巻。

c0234685_13320661.jpg
夫は海鮮丼上

c0234685_13323843.jpg
自分は海の幸膳を。これがまた。なかなかこなかった。夫のが来てからしばし待つ。もしやもう一杯飲ませようという作戦?!ワタシよりあとからきたお隣の女性二人組の注文はもう来ているのですけれど。
やっときたお膳を見てはたと気が付く。あれ?メニュウには焼きものか揚げ物で魚選べたよね?で、焼きものって答えたよね。。?夫が珍しく店員さんに聞いてくれたところ「焼きあがり次第持ってきますので」そうかい。混んでるしいたしかたないよねと納得するも他のものがたべおわっちゃうよ、なタイミングになってもきません。おまけに別で頼んでいたスナエビのから揚げもまだ。ここで本当に珍しいことですが夫がまたも「唐揚げと焼きものがまだなんですけれど」と聞いてくれた!驚いた。普段なら絶対しないのに。

c0234685_13391115.jpg
スナエビ唐揚げ

c0234685_13393035.jpg
焼き物のニギス。海老も魚もきっと海まで獲りに行っていたんだね。
せっかくおいしいのに順番が違うとかなり残念。G・Wに出掛けるとこういうことって結構ある。ま、ビールおいしかったしよしとして食後に街をぶらぶらすることにいたしました。

ここ高田の街は日本三大夜桜のひとつらしいのですが、それはもう季節ではないせいか閑散とした印象。というか閑散どころじゃなく人影がほとんどなかった。

c0234685_13445314.jpg
日本最古の映画館なんですって。

c0234685_13454849.jpg


雁木という雪除けのためのつきだした庇のある風情ある街なのになぜか観光客もほとんどおらず。というか住んでいる人達すらみかけません。車は結構通るのに。ちょっと薄気味悪いくらいに静か。混雑したところは好きじゃないけれど、こうまでひとけがないのはまた異世界のようで尻の座りがわるいものです。
街歩きに満足したら宿のある鵜の浜温泉へ向かいます。海、海へ!

ホテルにつき、車を降りるとキジのけたたましい声が聞こえました。キジって海際にも住めるんだ、案外順応性の高い鳥なんだと感心しきり。チェックインを済ませたら海を見に行きます。

c0234685_13492499.jpg
夏は海水浴場になるらしい鵜の浜、夕日がきれいなところで有名なんですって。まだ日が落ちるには早い時間ですが海はみたい。海までは歩いて
5分くらいでしょうか。近いです。

c0234685_13550913.jpg
波の穏やかな広々とした砂浜。
上の方にはハマエンドウやコウボウムギ、ハマボウフウが沢山生えていて「なぬ?!」摘みまくりたいところを「今日はウチに帰るわけじゃないし」と必死にこらえました。ああ、天然もののハマボウフウってきっとおいしんだろうな。。

c0234685_13564322.jpg
後ろ髪引かれつつ宿へ戻ります。徹夜で運転したヒトはそろそろ電池がきれちゃいそう。お風呂に入って一休みしたがよかろうということで、ぶらぶら戻ります。途中こんなのがぶらさがっているおみやげやさんをひやかしのつもりで入ったら!なにやらアタリ?「佐藤直吉商店」さんはおみやげもの屋さんというより干物屋さんでしたのです。鵜の浜温泉の湯はしょっぱい塩味のお湯なのですがその温泉水に2時間浸して味を入れ、浜で干して仕上げるのですって。このときもおじさんは今朝揚がりのヒラメの仕込みをされていました。よくある海辺の仕入れだけの干物屋さんじゃないというのはめっけもの。これは買いだ!即、送る手配を済ませました。こんなときの決断は早いのです。
達成感?をもって宿に帰りお風呂に入ってひとやすみ。夕日に備えます。

c0234685_14092256.jpg
浜への入り口からすでに美しい。

この日の美しい夕日の時間は18時35分とホテルのロビーに書いてあったのでちょっと早目に向かいました。人気のほとんどない浜辺。これがもし湘南だったらもっとたくさん人がいるしカメラ小僧もといオジサマが三脚立ててずらりと並んでいることでしょう。贅沢なことにここには我々だけ。あ、ワシらこそカメラおじさんとカメラおばさんだったね!刻一刻と移りゆく光景に二人してハタから見たらおかしなカッコで(どうして尻つき出ちゃうのかね?)シャッターを切りまくり、目で見てこりゃ自分らでは写真ムリだと嘆いてみたり忙しくも楽しい撮影タイム。

c0234685_23152361.jpg
砂浜にいる自分にむかって赤い光の道がゆらゆら揺れながらまっすぐに向かってくるのです。歩いて行けそう。

c0234685_23193593.jpg
線香花火の「ジジジジ」と音たつ火の玉みたいに落ちてゆく太陽が海に沈みきるほんの一息前。
落ち切ったあとも去りがたく、結局30分以上も浜辺にてただ沈みゆく太陽を見る。できそうでなかなかできないことだと思う。満足。


c0234685_23231029.jpg
帰ったらごはんの支度することもなくおつかれビール。疲れてないけれど。ふひひ

c0234685_23253373.jpg
c0234685_23255100.jpg
そのほかにもまだまだ。デザートに甘いモノまで(ビールニカエテクダサイ。。)

食後に温泉、寝る前にまた温泉。露天風呂も入ったし。温泉旅行は修行。
というわけで無事一日目が終了したのであります。

つづく。
>




















[PR]
by yasushi-shi | 2017-05-15 23:29 | おでかけ。 | Comments(12)