タグ:よるごはん。 ( 1998 ) タグの人気記事

クミン風味のミートローフ。

c0234685_21142698.jpg
・豚あらびき肉のクミン風味ミートローフ、ズッキーニとミニトマト
・冷やしトマト
・枝豆
・きゃらぶき
・きゅうりとみょうがの梅酢漬け

バジルの葉っぱのっけるの忘れてた!シソの方が合うかもしれないな。

c0234685_21153698.jpg
梅雨寒の陽気が続きますがオシロイバナが咲けばほとんど夏。ここのはほんとに真っ白な花。

c0234685_21143977.jpg
ウチの白いコトリちゃん。夫はおなかイタイタがぶり返し病院送りになったので早目帰宅でした。早い回復かとおもいきや三歩すすんで二歩下がる的展開に。要検査になってしまったらしい。

c0234685_21144608.jpg
そんな無聊を燦に慰めてもらっているの図。おなかとアタマがかわいいね。


[PR]
by yasushi-shi | 2018-06-18 21:23 | よるごはん。 | Comments(9)

蒸し鶏。

c0234685_22140376.jpg
・蒸し鶏
・ズッキーニと豆苗の焼きそば
・枝豆
・ご近所産トマト
・きゅうりとみょうがの梅酢漬け
・豆腐のお味噌汁

まだまだ続く酒なしデイズ。バケイションが終わったら肝臓には馬車馬のように働いてもらおう。
焼きそばに使った豆苗はズッキの色味だけではさみしかったので燦の葉っぱから分けてもらいました。新しいの、買ってあげるからね。


しばらく前の話になりますが、仕事場の研修?みたいな名目で日本民藝館に連れて行っていただきました。「柚木沙耶郎の染色」という特別展示を見るためです。出勤したら「今から行くから」と「??」なまま車でぶいーん。一度行ってみたかったので飛びあがるほどうれしかったのですが、さらにその展示がすばらしかったのです。

型染山羊文暖簾 1970年代 108.0×86.0cm

型染爪文帯地<br>1991年(部分) 型染蓮文飾布<br>1982年(部分)

※ 画像はお借りしました。

柚野さんは御年96歳で現役の染色家の方だそうです。モダンな雰囲気からアフリカンなもの、どれもなんとも楽し気で生き生きとしたものばかり。人の視線がはずれた瞬間ゆらゆらと、またはぺかぺかと動いていたりするんじゃないかと思うほどです。センパイおねいさんとコーフン気味に見て回りました。常設展も見て周り贅沢な午前中を過ごすことが出来ました。シゴト時間内でしたのに!ありがたいことです。

ちゃんと記事にしておきたい、と思っていましたが気がついたらもう2週間くらい前?月日の経つのが早すぎるね!


[PR]
by yasushi-shi | 2018-06-17 22:37 | よるごはん。 | Comments(4)

塩さばの薬味和え。

c0234685_22293038.jpg
・塩さばの薬味和え
・アボガドとツナのサラダ
・甘くて白いとうもろこし
・いただき物の長崎ちゃんぽん
・マダケのめんま風

お酒がないときのごはんの作り方がわかりません。「献立」というものについて少し勉強しなければ、と思いいたりました。食べたいものを思いつくままテキトウに並べるだけじゃダメなのね。

c0234685_22334342.jpg
帰宅が早かったおじさんに遊んでもらう燦。燦はいつでもかばんの中に興味津々。どこでも「のぞく」というのが好きみたい。

c0234685_22355505.jpg
放鳥時はよく入るようになりましたが停滞するわけではなく、通り抜けるというかんじ。ああー、ぶら下げても入ってくれるかしら?入って欲しい!!

c0234685_22372633.jpg
昼間、通りすぎるたびに「だして!」と騒ぎますが合間はこうして葉っぱ、じゃなかったサラダを召しあがっていたりぶらんこでゆらゆら(どころじゃなく激しくガタンガタン一周させようとする小学生みたいな漕ぎ方)したりしています。足でしっかり押さえるのがお好みです。

c0234685_22302820.jpg
先日の切り花のアジサイが咲き始めました。シックな色の装飾花の中にかわいらしいティアラみたいな通常花がよく目立ちます。







[PR]
by yasushi-shi | 2018-06-16 22:44 | よるごはん。 | Comments(4)

ゆうべのばんごはん。

c0234685_14260749.jpg
・鶏肉団子のトマト煮込み、チーズたっぷりで
・きゅうりとトマト

ペンネかフジッリを入れたいところでしたがゆうべ夫の帰りが遅く、鍋にも入りそうもないので中止。
それにしても困るのは「消化によいモノ」ってなんだ?ってところです。およそ歯ごたえのないモノが好きじゃないワタシ。柔らかいコメは言語道断だし(手術後の何がイヤだったかって最初のおもゆ。それに続くおかゆもつらかった。。)うどんも一回ならいいいけれど続くのはねえ。多少腹に悪くても食べたいものを優先しよう、と決めました。だってこんなにお酒呑まないのも入院以来?!せめて食事くらいは、ねえ。というわけで原因になったであろう鶏肉を食べるのであった。
しかしあれだ、こういうのは作って次の日の方がソースが馴染んでおいしいね。自分一人のおひるごはんにはフジッリを投入して満足でございました。


[PR]
by yasushi-shi | 2018-06-16 14:37 | よるごはん。 | Comments(10)

初夏のカレー。

c0234685_22372746.jpg
・カレー(そら豆、グリーンピース、ズッキーニ、玉ねぎ、ミニトマト、ゆり根、豚肉)
・サラダ
・らっきょ

先日実家で間違えて買ったから持っていって、と言って渡されたバーモントカレーの辛口。弟は辛口食べないんですってよ。おーい弟よ かあさんを大事にしてくれyo。
まったく。姉としては「甘やかしすぎじゃないか」とハハに言いたいところですが自分も甘やかされてるんだった てへ。余計なことは申しますまい。口からウルサい言葉が出る前に寸止めできてよかった。綸言汗の如し、ですからね。ゆり根は実は野菜室でずーっと眠っていたやつです。どうなっているかとハラハラしながらおがくずの中よりとりだすと意外なことに休眠したまま。鱗片がやせてしなびることもなく元気。煮込んだ後はホクホクになっておいしゅうございました。

c0234685_22372069.jpg
ただいま梅の追熟中。今年は南高梅3Lを2キロで。おカネはちっともたまりませんが梅干しがたまってダブついているのです。。でも梅酢も欲しいしちょっとだーけーよ、の量を漬けることにしました。なによりこの素晴らしい香りをかぎたかった。クンクン スーハースーハー

c0234685_22374406.jpg
ねむいからってケージになんかもどらないんだからね!

絶賛反抗期中の燦。ちょっと前までは「おうち」といいながら指にのせて戻すと帰ってくれていたのに。。(一度ではムリだったけれど)。全身すっかり大人仕様になった途端こんな状態です。甘えんぼのくせに!

c0234685_22582117.jpg
朝、夫の指の上から「オメデトウオメデトウ」とささやき女将ならぬささやきおじさん、はたまたいっこく堂?燦からお祝の言葉をもらいました。カワイコちゃん、ありがとう!そろそろ爪切りにいかなきゃね。



[PR]
by yasushi-shi | 2018-06-11 23:56 | よるごはん。 | Comments(8)

鰹。

c0234685_20581106.jpg
・鰹三種(鰹ユッケ、薬味いっぱい柚子ポン酢、バジルをふんだんに使ったサラダ仕立て)
・ちょこっとジンギスカン(パプリカとズッキーニと)
・枝豆
・塩辛
・かぶと卵のお味噌汁

好きなものばっかりの日曜、早い時間からのばんごはん。燦と遊んでいたら18時過ぎてしまったけれど雨降りにもかかわらず明るさが残るせいでゆったり気分。夏のいいところ。

c0234685_20583840.jpg
雨降りだ!アジサイ撮りに行こう、と夫が言うのでお付き合い。

c0234685_20575923.jpg
JAではこんなゴージャスなあじさいが¥130でしたよ。値段の話なんて野暮ってもんだけれど。


[PR]
by yasushi-shi | 2018-06-10 21:03 | よるごはん。 | Comments(0)

あんかけ焼きそば。

c0234685_23100539.jpg
・あんかけ焼きそば(茄子、玉葱、マダケ、ピーマン、豚肉)
・蒸しとうきび
・切昆布の煮もの
・刺身こんにゃく

陶板に胡麻油を敷いて麺を焼きつけておいて、上からあんをじゅーっ。茄子が美味しい季節になってきた。とろとろ。

c0234685_23101983.jpg
帰宅してあれこれ片づけたりしてから夜の放鳥タイムなのですが、もう眠くなっている燦は「出して出して」請願で力を使い果たすのか出てきたらもう遊ぶこともあまりなく、おざなりにお気に入り折り鶴をクチクチしたら指の上でウトウト。どうせ寝るならおうちで寝てればいいじゃんね?と思わなくもないのですが「ヒトのそばで寝る」のが大事らしくそんなところがいじらしくもなる飼い主バカ。ウトウトしながらちらっとちらっと見上げて柔らかい目つきをするのがたまらなくかわいいのです。



[PR]
by yasushi-shi | 2018-06-07 23:19 | よるごはん。 | Comments(2)

砂肝ときゅうりのにんにく黒胡椒炒め。

c0234685_22351556.jpg
・砂肝ときゅうりのにんにく黒胡椒炒め
・枝豆
・サラダ
・塩辛
・茄子と揚げのお味噌汁
・糠漬古漬けきゅうりのおかか胡麻みりん和え

明らかにごはんじゃなくて酒のみ優先になってしまったyo。意図したわけではありませぬ。

今日は映画を見に行ってきました。

c0234685_22373996.jpg
※ 画像はお借りしました。

昭和終盤の話だけれど、巻き舌だらけだけれど、今一つ生々しさにかけるなあと思ったのはワタシ自身が古いからだな。こういうタイプの昔の映画からは汗の匂いが漂ってきそうでしたが、いくらリアルな描写がされていてもどこかキレイすぎるのは画面のせいだけではなくやっぱり自分自身の問題な気がする。竹野内くんは若頭?にもかかわらずチンピラっぽく(顔は脂ギッシュでよろし)、江口洋介は洗練され過ぎていて(ギッシュじゃない!おっさんなのに)「じゃけえ」が似合わなかった。しかし日本刀が良くお似合いで。斉藤一を演じていた時とかぶりニマニマ。でも今日の一番はいま朝ドラでゆるふわ男子を演じている中村倫也くんかな。敵対する組のヒトの耳を食いちぎったり、気合入れるためにヤクを打ってカチこむ(使い方があっているのかわからない)狂犬ぶりはなかなかよかったです。あ、昭和の男にしてはエラがなさすぎるけれどね。そしてさすがの役所広司。ダイワマンでもタイムスリップしてきた侍でもなくしばらくはこちらの方が夢に出てきそうです。瀧は。。瀧だ☆役者さんなんだなあ。。

c0234685_22375007.jpg
外に出ると雨降る中、明日から始まるビアガーデンの準備が進んでいました。

c0234685_22551956.jpg
映画の影響により偽悪的な気持ちで歩く。帰路、目に飛び込んでくる鮮やかな色彩。徐々にフツウの自分に戻る。

c0234685_22552630.jpg
白いカワイコちゃん見てデレデレ。でもなかなか帰宅してくれず手こずらされる。
なのに!帰宅した夫にすんなり連れ戻されなんとなくオモシロクない気持ち。
なんでワタシだとかえってくれないのさ~


[PR]
by yasushi-shi | 2018-06-06 23:01 | よるごはん。 | Comments(6)

肉詰めズッキーニのチーズ焼き。

c0234685_23073475.jpg
・ズッキーニの肉詰め
・サラダ
・刺身こんにゃく
・塩辛

献立的には「んん?」だけれどメインが大成功だったので無問題。豚挽肉とえのきとズッキの中身をこそげたのを刻んだ餡にモッツアレラチーズとトマトをのせて焼いて素晴らしいバジルを仕上げに散らす。バジル、ほんとーうに素晴らしい。すべてをまとめ上げてくれる。

仕事場でうなぎパイをいただきました。ので、甘いもの担当へのサーヴィス。

c0234685_23080480.jpg
・花豆とラムレーズンのアイスのうなぎパイパフェ、黒蜜かけ

不二家のホームパイも相当おいしいけれど、うなぎパイったらヤルね!

今朝の一大事。

お弁当記事を更新しながらの放鳥タイム。

c0234685_23154483.jpg

(後ろ首の羽、逆立ってる)

c0234685_23175101.jpg
IN

ええええ~
あんなに怖がっていたのに今?急に?!

チャ~ ラー チャラッ♪
ドゥンドゥンドゥンドゥンドゥンドゥン


c0234685_23202027.jpg
チラリ♡


c0234685_23234871.jpg
チャーーラーーラーーー♪

この後バックして走り去っていきました。怖かったのね。
前に抜けたらよかったのに。。

c0234685_23260115.jpg
悩殺。

この一枚の写真で今日は頭がいっぱいでした。目が離せない。
完全にイカれてるな、燦に。















[PR]
by yasushi-shi | 2018-06-05 23:50 | よるごはん。 | Comments(10)

ひやちゅう。

c0234685_22530221.jpg
・冷やし中華(きゅうり、卵焼き、鶏ももグリル、自家製紅生姜)
・大根とツナと鰹節のサラダ

酒抜きデー。自分では買わないごまだれの冷やし中華。昨日ハハからもらってきました。ごまだれは好きじゃないもん、とか言わずにもらってきてしっかり食べる。きっと若い頃なら文句言いつつでももらう、なんてことしていたと思う。確実に。過去の自分を叱ってやりたい。

c0234685_22532687.jpg
昨日のつづき。夫の指の上でまったりしつつ羽繕いする燦。文鳥はとてもよく羽繕いします。人の上でなにやらポロポロ落としながら、ケージの中では水浴び後はもちろんお食事後や遊んだあとなどとにかく頻繁にしています。そばで見ていると小さく「ぷし、ぷし」羽に埋もれて鼻がつまるような音だったり「ㇷ゚しん」と小さくくしゃみしたり。この音が本当に小さくささやかで可愛らしいので羽繕いをしているのを見るとつい耳をそばだててしまうのです。




[PR]
by yasushi-shi | 2018-06-04 23:01 | よるごはん。 | Comments(2)