2018年 07月 04日 ( 1 )

鳥唐揚げの葱ソースがらめ弁当。

c0234685_06584174.jpg
・鳥唐揚げの葱ソースがらめ
・かにかまとねぎ入り卵焼き
・いんげんくたくた煮
・糠漬けきゅうり
・ゆかりごはん
・さくらんぼとヨーグルト

日曜日に唐揚げを多めに揚げておいたのをお弁当用に流用。こう暑いとお弁当はやめてもいいんじゃないの?と内なるサタンが囁きかけますが却下。市販の弁当ではおおぐらいには不足なのです。おかず足して―デザート買ってーとかするとオソロシイ金額になってしまう。。ちぇ。仕方なーい仕方なーい



にほんブログ村

NHKの朝ドラ「半分、青い。」を楽しみに見ています。先週からは見ているのがちょとつらいです。仕事でも私生活でも追い詰められてゆく27?28?歳の主人公。はるか彼方、遠い昔のその歳の自分をうすく思いだしました。「うすく」なのは忘れてしまった部分がほとんどだから。「いいことしか残らないよ思い出なんて」という歌詞がありますがそれは本当。今となっては痛みの部分を正確に思いだすことは不可能です。先は見えないけれど毎日に追われていれば見ないフリをすることが出来ました。充実していましたから。ドラマの主人公より恵まれていたのは生活に保障があったところです。そこは大きい。実家で親に守られていましたからね。でもそこをつかれるととてもイタイ。続けていれば何かが見えるかもしれない、だけをよすがに日々をしのいでいました。実際毎日必死でしたが楽しかったのです。何かに明確に「なりたい」と願いながら目指すのと「行きつく先がよくわからないけれど今これをしたい」というのは違うけれど「不安」で「がむしゃら」だったところにちょこっとだけ重なるような気がしてドラマなのに他人事とは思えなくて妙に感情移入してしまっています。ああ、歳とって本当に良かった。。若いって見ているだけでもツライ。

[PR]
by yasushi-shi | 2018-07-04 07:31 | お弁当。 | Comments(12)