<< イシイ弁当。 さば塩弁当。 >>

牛じゃが玉葱にんにくバター醤油炒め。

c0234685_22542995.jpg
・牛肉とじゃがいもと玉葱のにんにくバター醤油炒め
・湯豆腐
・らっきょ
・柿と梨と春菊のサラダ

職場ではラジオがかかっています。本日は祭日ということでホリデースペシャルなる特別番組でした。今日のパーソナリティーは女性と男性のふたりだったのですが、作家であるという女性がずーっとフツウの話ことば(男性は丁寧語)で相槌もゲストだろうと相手かまわず「うんうん」、しかもはげしくでしたので聞いていると苦しくなってしまって。これが画像のあるものならまた印象も違ったのかもしれませんが耳に頼るものの場合時間帯にもよるのでしょうけれど(例えば深夜なら親しみ深く感じたりするのかもしれません)あまり距離感のない話し方は考えものだなと感じました。そんなこと考えてしまうこと自体が古臭いのでしょうか。
最近はお店で初めてなのにタメ語?だったり逆におかしな使い方の敬語を耳にしますが、固すぎず適度な距離感のある丁寧語でじゅうぶん事足りるのになと思うことが多いように思います。うるさいBBAかしらね。


にほんブログ村

[PR]
by yasushi-shi | 2016-11-03 23:09 | よるごはん。 | Comments(2)
Commented by honobono0208 at 2016-11-04 09:17
おはようございます。
あーそれわかります。少し違うけど職場で、医師看護師のタメ口って結構ネット上でクレームあるよねって話に今年なって。やっぱり接遇としてダメだろうというわけで、敬語を心がけようとがんばり中です。可愛いおばあとかおじいとかだとつい使っちゃうんですよね。ちょっと難聴入ってたりするとなおさら。ちなみに接遇的には方言もダメだとか。え~田舎看護師にそりゃ厳しい。でも心がけますよ!…ついつい出ますがね。
そして柿入りサラダを見て、我が家の冷蔵庫にも眠っている事を思い出しました!すぐむいて食べよう!
Commented by yasushi-shi at 2016-11-04 23:12
ことさま
こんばんは!
うるさがたでしょ?こんなことを記事に書くのはいけないことかな、と思いつつまあいっかで書いてしまいました。
言葉は生き物ですよね。どんな状況で発せられたかや関係性で同じ言葉でもまったく意味が違ってきたり。なんと難しい!医療の現場ではほんとに大変だろうとお察しいたします。あ、でも極度の小心者のワタシ、病院でかけられる言葉にはとても助けられましたよ?そこが難しいところなのでしょうけれど不安になっているところでかけられる言葉が杓子定規すぎれば突き放されたような気持ちになりますもの。方言がダメって。。安心される方もおられるでしょうに。でもそれぐらいしないといけないほどクレームがくるということなのでしょうか。
たとえば夜中に聞くオールナイトなら砕けた口調でも気にならないんですよ。でも昼間に聞く単発番組、しかも確実に目上の人であるにもかかわらず(その方たちの関係が親しいのでしょうか、それはわからなかったですが)くだけすぎた口調にハラハラしてしまって。相槌に「うんうん」はないでしょ!と。仮に個人的に親しいとしてもプライベートな会話ではありませんから節度は必要なのではないかと。TPOに応じたふるまい、ということ自体も古臭いのでしょうかねと思った一日でした。

トマトが高すぎる昨今、柿は甘さといい色といいサラダでいい仕事してくれマス。柿って特色ないなーと思っていましたがどうしてなかなか使えるヤツですね!
<< イシイ弁当。 さば塩弁当。 >>