<< 春あじHP焼きそば。 サンド弁。 >>

塩麹タンドリーチキン。

c0234685_23280406.jpg
・塩麹つかいのタンドリーチキン
・柚子大根
・アボガドとトマトとルッコラ、味噌マヨにんにく醤油和え
・陸兆さんのミニパンで練り物のお好み焼き風(ソースにかつぶし)

帰りの電車は空いていて幸運にも座ることが出来ました。本を読んでいると何やらいい香りが。ふんふん嗅ぎながらきょろきょろしてみたら左隣の大きなおじさんのそのまた隣のおねえさんがゴントランの紙袋に入ったパンをお持ちでした。長いの二つ。風上なのもあるけれど、手前の駅で降りたワタシの前の女性がもっていたメゾンカイザーからはそんなに香りがもれてなかったのに!まだ食べたことないのです、ゴントラン。今度買いに行ってみよう。


にほんブログ村

[PR]
by yasushi-shi | 2016-03-05 23:36 | よるごはん。 | Comments(2)
Commented by f15eagle_coco at 2016-03-06 09:34
おはよ~~♪
塩麹タンドリーチキン、あまりに美味しそうで
思わずレシピ検索しましたw
いいね~是非試してみよう!
さてさて、こないだH子ちゃんとこの「山」記事に
やすしーしちゃんが寄せていたコメント、まさに私もそれw
まったく同じ!w
山の中に連れて行かれると
(「連れて行かれる」という心理が既に及び腰)
広いところに出る前に閉塞感で息苦しい。
盆地の街に行くと(風が止まってる…)と思ってしまって
これまたしんどい。
海っぱた育ち、とんだヘタレです。
その場その町その人の素晴らしさを知る前に
勝手な苦手意識を持つのはアカン!
とは思うのだけれど…
ヒトはともかく、空と風のことが絡むと
やっぱ無理~(*゜э゜)な私です。てへぺろ。
Commented by yasushi-shi at 2016-03-06 22:45
ココちゃん
走る車の音が水の音を含み、いつの間にやら雨模様のこちらからこんばんは!
タンドリーチキン、もともとはヨーグルトで作っていたんだけれど塩麹の方がしみるの!出来上がりも早いしなんといっても大量に使わなくてイイw家にある調味料総動員でぶっこんでマス。いつかのジャークチキンのスパイスとか(いつのかわからんのよ。。)
住めば都はほんとだなーと思っていたさいたま時代。10年暮らしたら案外いい場所だなと思うようになっていたのね。野菜新鮮でおいしいし安いし遊びに行くところいっぱいあるし。でも!神奈川に帰ってきたときの空気が肌に馴染む感じといったら!!あまりに自然で(実家より内陸にもかかわらず)驚きました。どこで暮らすかより誰と暮らすかが一番大事、とわかったつもりでしたがそれでも空と風と好きな人が揃ったら無敵だと頭ではなく体で先に感じてしまいましたよ。ワタシの海は「工場夜景」のコンクリ護岸な、いわゆる波音のない海です。それでもやっぱり「海」香りがするのです。空気と肌が馴染むかんじ、忘れないみたいね?とてもだいじ、ね。風、ほんとだいじ。


<< 春あじHP焼きそば。 サンド弁。 >>