タグ:外食。 ( 19 ) タグの人気記事

肉巻き筍。

c0234685_21423239.jpg
・筍の肉巻き
・ツナの入ったサラダ
・新玉と水菜のサラダ
・きゃらぶき

検査後のおなかぎゅるぎゅるな日のばんごはん。そっけないけれど、筍はおいしい。ホントはフライにしたかったのですがゆうべも揚げ物でしたからそれはまた次回のお楽しみということで。
お腹はまだぎゅるってる。にぎやかでおもちろい。

人生初の胃と大腸の内視鏡検査後、行ってみたかった蕎麦屋さんへ。
c0234685_21454893.jpg
おつかれビール。つきだしはあさりの佃煮。ビールがしみる~

c0234685_21455912.jpg
夫は春野菜の天せいろ。筍とたらの芽とうど。ちょっと分けてもらったら筍が!まるで茹でたてヤングコーンのようで激ウマ。天ぷらは塩に限る。

c0234685_21462297.jpg
自分。生湯葉せいろ。とろりとした湯葉がうまうま。

c0234685_21461084.jpg
デザート。そばのわらび餅。いや、葛餅のが近かったけれど。黒蜜が欲しいところ。

検査後の安静タイムが終わるとおやつを出していただきました。蒸しどら焼きと熱いほうじ茶。検査は午前中でしたが終わったのがお昼をだいぶ回った頃でしたのでもうおなかが空いてぐうぐう(ぎゅるぎゅる)。朝、でかける時点ですでにおなかが空いていたのであやうくなにかを口にしそうなくらいでした。
とりあえず無事終わり安堵の一日。まだ年内にひとつふたつ検査があります。検査が年中行事になるお年頃。そんなところまで、きたのね。

c0234685_21463464.jpg
かえり道、コバンソウがわさわさ生えているのを見て「これがほんとに小判なら」と思う欲深BBA。
体がなんともなかっただけでも御の字とせねば。健康はおカネで買えませんからね。







[PR]
by yasushi-shi | 2017-04-24 22:06 | よるごはん。 | Comments(4)

鶏かつ。

c0234685_22474401.jpg
・鶏かつ、らっきょうタルタルと
・ホタルイカとのらぼう菜の蕗味噌酢かけ
・花椒風味のピクルス
・のらぼう菜のお味噌汁

唐揚げとかつ、どっちがいい?と聞いたらまさかの鶏かつ選択。ええー、唐揚げじゃないの?と聞いたら「そういうときもある。気分」だそうです。いや、たしかに鶏かつおいしいけれど。


にほんブログ村

お先に昨日お花見を済ませてしまったのでもう今年はいっか、でしたが働くヒトは今日を逃したらもう絶望的と思ったのでしょう。まあ、そうですね。早起きしておでかけすることに。

c0234685_22533763.jpg
星野珈琲であさごはんしようにつられました。行ったこと、なかったの。ふちの部分がカリッとして中はふわふわで家ではケチるメープルシロップをじゃぶじゃぶかけて食べる。

c0234685_22532034.jpg
カフェオレを注文したら

c0234685_22532834.jpg
ゆで卵とトーストが付いてきました。夫はフレンチトーストのセット。

小雨がそぼ降る中、桜のあるところへ向かいます。

c0234685_22574525.jpg
ずーっと続く川沿いの桜並木にびっくり。木道&土の道なので風情があります。天候のせいで人出もあまりなく静か。それでもレジャー用の椅子にこしかけおいしそうなモノとお酒でお花見する方たちおり、うらやましくなりました。


c0234685_23005733.jpg
電車が通ります。なんとこの橋の下をあるく事ができる!

c0234685_23020872.jpg
花びらひらり、モミジの上に
新緑もきれい

c0234685_23031552.jpg
線路沿いの菜の花も盛り

ここから本流の多摩川までまた川沿いを歩きます。どれだけ歩いてももっともっと、となるくらいすべてが見どころです。
ここで時間切れ、いったん帰宅し夫は用事をすませにおでかけ。

ばんごはんを早目に食べたら今度は駅前からお隣の駅まで続く桜並木を歩きます。

c0234685_23081931.jpg
早くもはらはらと散る花びらが雪のようでした。

貪欲に桜を狩る盛りだくさんな一日。楽しかった!








[PR]
by yasushi-shi | 2017-04-08 23:09 | よるごはん。 | Comments(10)

のらぼう菜としらすとベーコンのスパゲティ。

c0234685_21293901.jpg
・のらぼう菜としらすとベーコンのスパゲティ
・づけサーモンのサラダ、にんじんドレッシングで
・大根とかき菜のお味噌汁

昨日帰国してきたヒトにしゃぶしゃぶとステーキどっちが食べたい?と聞いたら
「ご馳走食べ過ぎておなかが空かないから軽いものを」と所望されました。ぐぬぬ フクザツ。しかしながら異国の地でよく知らない方々とお付き合いの食事というのはたしかに疲れるし味うんぬんじゃないんだろうなー。熟成肉おいしかったらしいけれど。キー
大盛りパスタが盛ってある器は満を持しての登場です。実は昨年暮れに我が家にきたのに使い方を考えあぐねているうちに、春。これはただの大皿ではありません。ろくろ挽きの陶板、つまりは火にかけられるものなのです。わーお!形と大きさにベタ惚れです。最初はパエリアからいやいや肉とか焼いちゃお、などと考えてはいたけれどどうにも決め手がなく。でもはやく使いたくて結局こんなザツなメニュウ。陶板にもこみち的量のオリーヴオイルとにんにくとしらすとベーコンを入れたら火をつけてじわじわ加熱。いい塩梅になったら茹であがったパスタ投入→食卓。ちなみにこれでパスタ一袋の2/3弱はいっています。



にほんブログ村


昨日は夫が帰ってくる日ではありましたが,出張が決まるうーんと前から友人たちとの食事が決まっていたのいたのだからいいよというおコトバに甘え遠慮なくでかけてきました。わはーい♪

c0234685_21400399.jpg

式神は使えないのでただの紙で。製作時間10時間(ウソ 10分くらい)。せめもの気持ち。夫帰宅時片側がはずれだらーんとなっていたらしい。残念。写真を見て「ああ、こんなんだったんだ」と驚いていた。コチラはガックシ。

c0234685_21423048.jpg
前菜

c0234685_21432402.jpg
海水のジュレと牡蠣。これが素晴らしかった!ジュレだけもっとプリーズ、そこで溺れたいくらいです。牡蠣はプリプリどころではなく「ブリンブリン」ぐらまら~す。今年の牡蠣はこれが締めになりそうですが最後を飾るにふさわしい一品。

c0234685_21535743.jpg
ごぼうと長芋の揚げたの。アツアツ・カリカリ・うまうま

c0234685_21553795.jpg
ラム肉のパイ包み。肉!肉!!中にはごろごろお肉がはいっていました。パイと肉だけでも十分すぎるほどおいしいのですがこの野菜たちが(イチバンは蕪!)料理を軽くし、ともすると重くなりがちなところを最後まで飽きさせずにたべさせてくれました。
このほかに豚肉のリエットをおかわりしたりデザートがあったり(プリン最高。ほろ苦いカラメルがたまらない)。よく食べよく笑いよく話しよく呑みました。乾杯のシャンパーニュをグラスで(スパークリングワインじゃない!)からボトルに替え白、白、赤、さらにもう少し赤。
帰宅したら先に帰っていた夫に「ただいま」「おかえり」で一日を締めくくる。いい晩でした。












[PR]
by yasushi-shi | 2017-03-19 22:05 | よるごはん。 | Comments(6)

豚しゃぶ。

c0234685_21411981.jpg
・沖縄豚のしゃぶしゃぶ
・まぐろのすきみ
・柚子大根
・クリームチーズとハモンセラーノ

沖縄豚は甘くておいしかった!バラ肉だけれど脂がさっぱりしているのでしつこくない。今年一番のおかわり量、ごはん3杯も食べてくれたごはんのヒトにびっくりですが嬉しくてニヤリ。そう、コメでシメる2016最後の夜。あ、さけのみはもちろん安定のハイボールをぐびーり。



にほんブログ村

もちろん年越し蕎麦も食べましたとも!あさごはんはりんごとコーヒーでかる~くすませたら散歩がてら早目のお昼ごはんに向かう。

c0234685_21411019.jpg
こんな素晴らしい青いお空に風のないあたたかい大晦日。

c0234685_21392364.jpg
ワタシは鴨せいろ。

c0234685_21405892.jpg
夫は車海老天せいろ。海老と人参を鴨とトレードする。きっと混むだろうと思ったので開店時間に合わせていったら一番乗りでなんだかいい気分。
本年最後の外食はおおあたり。好みの出汁、鴨もだしがらになっておらず、ちゃんと柔らかかったし焼いた葱が香ばしく甘い!天ぷらもかりっと軽くておいしい。


本年も拙ブログにいらしてくださってどうもありがとうございました。おかげさまでとても楽しいブログ生活になりました。来る新しき年もまた食べかつ呑みくいしんぼう上等、日々を泳いでゆく所存であります。これからもどうぞよろしくお付き合いいただければ幸いです。
2017年がみなさまにとりまして幸い多き年になりますよう!



[PR]
by yasushi-shi | 2016-12-31 22:00 | よるごはん。 | Comments(4)

ちょっとそこまで。観音崎へ海を見に行く。

昨日は久しぶりにお休みの夫は街へフットサルに、おおぐらいは美容院へ髪切りに。夕方お散歩をかねてご近所農家さんへ買い出しにゆくというのんびりご近所うろうろデーでした。本日も天気は最高、じゃあ、いっちゃうかってことで海へ!何はなくとも海!!


c0234685_22364175.jpg
観音崎。久しぶり!

c0234685_22384153.jpg
海が真っ青、お向かいの千葉が泳いで渡れそうなくらいにはっきりと見えました。こうしてみるととても近い。

空も海もとにかく青いから目だけでなく脳に染みます。心が広々してくる。

c0234685_22414204.jpg
c0234685_22420039.jpg
美しい灯台。

c0234685_22422550.jpg
横顔も美人

c0234685_22431094.jpg
夜の海の上から陸の光を見る時の気持ちはどんななんだろう

c0234685_22443508.jpg
筋肉少女「隊」→誤
筋肉少女「帯」→正

砲台跡にて。

風も弱く光あふれる中歩いて回ります。

c0234685_22482091.jpg
あちこちでもう水仙が咲き始めていました。海のそばは暖かいのね。
おなかが空いて来たらおひるごはん。道沿いにある食堂へ。美術館併設の海が見えるレストランと鯵フライが評判の食堂どっちがいい?と聞かれたのでほぼ迷うことなく鯵フライを選択。だって、ここは鯵がおいしいところですからね。

c0234685_22495060.jpg
まずはもちろん喉を潤すところから。キンキンで最高。

c0234685_22500114.jpg
つきだしの大根煮がまたおいしいの。

c0234685_22493733.jpg
いろいろ迷いましたが地物のたこと鯵のお刺身定食。たこも鯵もべらぼうにおいしい。鯵は見た目通りぷりぷり。

c0234685_22492534.jpg
評判らしい鯵フライは別で注文。これがまた!こぶりではありますが衣がかりかり、中はふわふわで鯵独特の匂いもなく絶品でした。もうひとつの人気メニュウあなご天も頼めばよかったね。次は!
走水にある味見食堂さん、おいしゅうございました。

c0234685_22505344.jpg
美術館の屋上(広々していて海がど真ん前に見える)やらミュージアムショップを冷やかしつつ帰宅の途に着きます。
さっと行ってすっと帰る。一日中お天気に恵まれ、いい風に吹かれたので体が(✖ 正しくは気分)軽くなったようです。
たいへんよい一日でした。連れ出してくれてどうもありがとう!












[PR]
by yasushi-shi | 2016-12-11 23:05 | おでかけ。 | Comments(8)

お楽しみ。

c0234685_22472570.jpg
安定の楽しさ。今日は近場なので気分的にもゆとりがありました。開始時間が早いのも案外よろし。

c0234685_22492512.jpg
会場に向かいながら横目で。

c0234685_22515116.jpg
c0234685_22521947.jpg
c0234685_22530591.jpg
ライブの始まる前は気合を入れるために、終了後はシメとしてちょこっと絶叫系の乗り物にのってみたり。観覧車は30分待ちなので断念。

c0234685_22551335.jpg
ランドマークを見ると帰ってきた、と実感します。たとえば鶴見あたり?電車から見えはじめたりした時に。
でも一番好きなのはマリンタワー。東京タワーとかスカイツリーなど有名タワーは数あれど、今や色も変わってしまったけれど。





[PR]
by yasushi-shi | 2016-10-30 22:59 | その他。 | Comments(4)

きのうのこと。

まだまだ日も高い夕方前に、そわそわしながら電車に乗って青いお空にぽかぽか浮かぶ白い雲を眺めながら野毛の街へ。あまりに楽しみすぎて体より先に心だけ飛んでいきそう。カメラをもって早目についたら街を撮ろう!と思っていたのになぜだか時間ぎりぎり到着、おまけにお店にたどり着くことが出来ずにちょっと遅刻。そんな昨日。
ゆうべはとてもたのしい時間を過ごしました。学生時代の友人ふたりと野毛のクラフトビールのお店へ。
c0234685_14545217.jpg
一杯目、乾杯に独歩・桃ピルスナー。桃ジュース?!なお味。こういうのは初めて飲んだなー。自分にはちょっと甘すぎた。甘いお酒は苦手。すぐに次へ。でも話に夢中になりすぎて写真も撮り忘れるのまき。

c0234685_14515170.jpg
わさびと塩で食べる三元豚のグリル
これはおいしかった!お肉とわさびの組み合わせが最高。ほかにも玉葱の丸ごとグリルやらオリーブやらごぼうの揚げたのをつまみながらお酒も変えて、深く眠りについていたような過去から現在にいたるまでをまるで自分たちの周りだけ目まぐるしくぐるぐると時間が巻き戻されたりすすめられたりしているような気になるほどたくさんたくさん話をしました。始まりはまだまだ明るい17時。全面的にドアを開放してある開放的なお店はちょっと蒸し暑いけれど通りをゆく人たちも眺められ、実に気持ちのよいものでした。そういえばおとなり、というか前?のテーブルのグループの方たちはどうやらお誕生日のお祝のようでした。女性の方々はは浴衣を着ていましたが今ふうのパッチン帯ではなくきちんと自分でしめた帯なのがとても素敵。こんなお誕生日してもらえるなんていいね(オジサマでしたよ)とほのぼの。
とっぷりと日も暮れ、夜が始まる20時頃には河岸を変えて。前の店の賑やかな雰囲気から一転90年代の音楽が流れるお店で布袋さんの歌声に迎え入れられ、小沢くんやスピッツを聞きながら話はえんえん続きます。
三人で会ったのはどれぐらいぶりだか思いだせないくらいでしたが、こうしてまたみんな元気で笑い合うことができたことがとても嬉しくて有頂天とはこういうきぶんのことではなかろうかと頭の端っこで考えつつハシャギすぎていつも以上におかしなワタシでありました。

こんな自分に付き合ってくれてどうもありがとう。いまさらもうオカシなところは治らないと思われますが、これからも末長くなかよくしてください!






[PR]
by yasushi-shi | 2016-07-31 15:40 | 外食。 | Comments(4)

ちょっとそこまで。三渓園で早朝観蓮。

今日もまた横浜へ。昨日は家に帰っただけだったのでどこにも寄らず。今、三渓園では8/7まで早朝観蓮会開催中ということで朝6時から開園しているらしい!それなら思い切って早起きしてちょっくら蓮の花でも見に行きましょうでめずらしーくささっと支度して現地に到着したのが6時半すぎ。ある意味予想通りの大混雑。


c0234685_14063100.jpg
蓮の花より人が多く水辺はカメラのヒトであふれかえっておりました。

c0234685_14080237.jpg
早朝だというのにすでにイベント?的なもの、蓮のシャワー(蓮の茎は穴が開いていて水が通りその水が葉っぱから出てくるんですよ、の実演)だとか説明だとかがされていて人だかりができていたり。

c0234685_14100411.jpg
せっかくきたのだから園内を歩き回ります。今日は涼しくさわやかな風が吹き抜けていて極上の朝散歩日和。

c0234685_14102925.jpg
c0234685_14113881.jpg
展望台からの景色。湘南の海も素敵で大好きですが、ちょうど奥の方、これこそがワタシの海。子供のころから慣れ親しんだ光景。このコンビナートがばくはつするとウチの方まで焼けちゃうんだぜ、と小学生のころに話題になり怖い気持ちになったものです。

c0234685_14144776.jpg
芝生に朝露がきらめき頭上から蝉しぐれがふりそそぎます。

c0234685_14171646.jpg
さて、十分に散歩をしたならば朝から何も飲まず食わずで「オラもううごけねえ」の5秒前、あさごはんを食べに中華街へ。でも朝、早すぎるんですよ。。だって8時半くらいですから。

c0234685_14202601.jpg
さすがにこんな時間に来たのは初めてです。閑散としていて通りに人がいない!

c0234685_14212348.jpg
9時を回るとようやくおかゆの店が開き始めるのです。

c0234685_14182864.jpg
着席時、9時をちょこっとすぎたばかりですがたくさん歩いて喉が渇いていたのでおはようビーール。しみるね☆

c0234685_14233169.jpg
ワタシはピータンのおかゆ、夫は海鮮をチョイス。混ぜると中からピータンがたくさん出てきた。夫が「海老食べていいいよ」というので遠慮なくひとすくい、2匹頂戴したら海老は3つしか入ってないことが判明。自分はイカばっかりだったとオカンムリ。食べ物の恨みはこわいからなー。それでも美味しくいただきました。
食べ終わって外に出てもよそのお店はまだまだ準備中。

c0234685_14245715.jpg
タピオカミルクのみながらぶらぶら。源豊行まだまだ開店しないし。。で開いてるところでテキトウにお茶と春雨とか搾菜を買って帰宅。それでもまだまだお昼前。
なんだかお得な気分を満喫、のにちようび。















[PR]
by yasushi-shi | 2016-07-24 14:27 | おでかけ。 | Comments(6)

きのうのこと。

きのうはおでかけの楽しい一日でした。
朝一番で平塚のJAでお買い物。野菜がたくさんでうほうほ。でもってさすがの海近く、生しらすもお安い!クーラーボックスにでっかい保冷剤を用意していきましたからねばっちしです。

c0234685_21142320.jpg

刺し盛り。地きんめ、地かます、シマアジ、カワハギひらめ

茅ヶ崎で早めのおひるごはん。今日は豪華ですの。もちろんビールも!

c0234685_21145399.jpg
生しらすどーん丼

魚のあらのお味噌汁ウマー

c0234685_21150331.jpg
鯵フライ

こんなにお昼からいいんでしょうか。
いーんです!だって昨日はおたんじょうびだったの。いつもなら定食に鯵フライ、くらいですが刺身御膳かしらす御膳で深く悩むワタシに夫が「じゃあこうすれば?」と頼んでくれた!ステキなだんなさまありがとう。いしし 食べ物の恨みと感謝は深いですからね。

おなかもいっぱいになったところでさあかえろ、じゃなく山の方に向かいます。

c0234685_21223328.jpg

谷間にある小さな公園

c0234685_21225068.jpg
アジサイもまだまだきれいに咲いていましたが菖蒲が素晴らしかったです。

c0234685_21243140.jpg
山で見る山アジサイはやっぱりイイ

c0234685_21251058.jpg
つぼみが出始めていたハス。一つだけ咲いていました。ハスってどうしてこんなに心惹かれるのでしょう。
ちょっぴりくもってきたお空にくっきりした花の色彩を堪能したら今度は海へ!

c0234685_21293051.jpg
海が大好きです。胸が広がるような気持ちになります。

c0234685_21310473.jpg
波打ち際に制服をきた高校生のカップルがいてとても楽しそうにしているのが微笑ましかったです。なんか、そういうのうらやましいなあ。
でもオトナもなかなかいいもんよね、と思ったり。

以下ちょっとだけ閲覧注意
なんかすごいの浮いてる、と大興奮。

c0234685_21355235.jpg
なんのお魚?両手を広げたくらいの大きさだった。波打ち際にはイカの甲も落ちてたし海はほんとにおもしろい。

c0234685_21320738.jpg
そんなゆうべのばんごはん。あんまりおなかもへらなかったのですがそれでもため息がでるほどおいしかったです、生しらす。
おかげでゆうべも飲み過ぎました(ブログの更新ができないほど)

夫よ、素晴らしい一日をどうもありがとう!
また一年、楽しく過ごそうね。






>
















[PR]
by yasushi-shi | 2016-06-12 21:41 | おでかけ。 | Comments(16)

ちょっとそこまで。鎌倉

お天気はぱっとしないけれど、しばらくぶりにおでかけしましょうってことで鎌倉へ。近いのに遠出した気分になる特別な場所。そしていつか住みたい場所。
まずは鎌倉駅に車を置きあさイチお買い物、連売へ。


c0234685_22370033.jpg
朝早かったので野菜がたくさんありました。キャベツやカラフルな大根にかぶ、いろいろな種類の菜の花があって目移りしてしまうほど。が、普段から近所のJAで地場産野菜をヘタに買い慣れているため値段的にはムムム。「鎌倉」ってつくと価格が¥50ほど高くなり量が2/3になるっぽい。それでも菜の花や大根甘夏など買いこみいったん車に戻って荷物をおいたらさあ!江ノ電にのって稲村ケ崎へ。何度のっても極楽寺をすぎ、稲村ケ崎の駅の手前で海が見えてくる瞬間を目にすると「わあー」てなります。
稲村ケ崎についてもまだ10時前です。ウチにしては早い動き出しにおなかも空いてきたのでちょこっと休憩。

c0234685_22480584.jpg
小腹をみたし、海に出ます。海、久しぶりの海!!

c0234685_22541686.jpg
江の島をうしろに波打ち際をぶらぶら歩いて由比ヶ浜まで。途中カンムリカイツブリがいるのを見てコーフンしたり。
波音が大きすぎずただひたすらに繰り返すさまが心地よくいつまでも歩いていられそうです。海はいい。

c0234685_22550023.jpg
由比ヶ浜からは海にお別れ、鎌倉駅に戻るべくまだまだ歩きます。今日はよく歩いたなー。歩くのは苦にならない方ですが、ここは歩いてこそ楽しい場所なのでそんなに歩いた気がしません。まだまだ歩き足りないよー。

c0234685_22565633.jpg

c0234685_22572266.jpg
鎌倉に戻る頃にはいい塩梅で喉も乾いてきたので適当に遅めのお昼ごはんにしましょう、ということで湘南豚の肩ロースグリルのお店と鶏南蛮の定食と白板に手書きしてある怪しげな食堂で迷うことしばし。だれーも入っていなかった食堂の方に決めてえいやっと入りました。女性一人で切り盛りされている様子。ビールに鶏南蛮定食と焼き鯖の薬味和えを追加。

c0234685_22580429.jpg
ぷはー。至福。こういうときのビールはナゼこんなにもウマイのだ。

c0234685_22591549.jpg
焼き鯖の薬味和え、これが奇をてらっていないのにとてもおいしくてびっくり。ねぎと大根おろしで鯖がさっぱりして後味に胡麻が香ばしく香ります。ご飯にもあう。これはマネせねば。

c0234685_22592729.jpg
肝心の鶏南蛮はもも肉使用、見ているそばで揚げたてを南蛮酢に浸しささっと供されるのでかりっとじゅわっと激うまです。一つ一つの小鉢どれもが美味しく期待していなかっただけに(失礼)驚きとヨロコビもひとしおです。でもってご飯はおかわり2杯目までサービス、ということでしたのでありがたく2杯いただいてきました。最初も大盛りにしてもらっちったのに☆

c0234685_22585893.jpg
たぶん6席?くらいしかなかったと思う。カウンターのみで座ると後ろを人が通るのはほぼ不可能。注文を待つ間、無駄のない店主さんの静かな動作を見ていると落ち着いてとても気持ちが良かったです。
そうだ!肝心のお店の名前、「筍」さんでした。看板らしいものは見当たらず、入口上方のスクエア型ライトにうっすらと「筍」とありましたよ。

案外寒く、マフラーと手袋も持ってくればよかったねなどと話しつつよくあるきよく食べいい一日を過ごしました。

c0234685_22594419.jpg
長々とお付き合いくださってありがとうございました<(_ _)>











[PR]
by yasushi-shi | 2016-03-12 23:16 | おでかけ。 | Comments(2)