タグ:外食。 ( 21 ) タグの人気記事

かき氷を食べにゆく。

先日美容院に行った折に用意された雑誌が運よくかき氷特集のHanakoでした。どれどれ、最近はどんなのがあるのかのうと興味深く読み始めたならば。あら、ここ行けるじゃないの!な場所が。表紙のお店。

早速行っちゃいました。メニュウはどれも魅力的。でも。これは。。どんな?!てことであまり迷うことなくさくっと注文。

c0234685_21083846.jpg
「ほろ苦甘夏とバジル」

これがなんとも驚きのお似合いぶり。主張しすぎないけれどいい香り、甘夏だけならたぶん物足りないけれどバジルがあるおかげで輪郭がはっきりしたお味に。そしてなんとかき氷のなかにはヨーグルトのソルベが!このソルベに行きあたると俄然バジルが歌いだすのです。乳製品とバジル、やっぱり合うなあ。

c0234685_21085740.jpg
こんなメニュウ。さて次は何にしよう♪河内晩柑橘かはちみつレモン?瀬戸内レモンとはどのくらい違うのかな。平日限定の抹茶あずきも捨てがたい。

c0234685_21091536.jpg
店内もお庭もとても素敵。席数は10席くらいでこじんまりしていてなんとも居心地がよいのです。ワタシが行った時にはご年配の方々4人組がいらしただけで、しかももう帰られるところ。ひとりのんびり貸し切り状態で雰囲気を楽しみながら食べることが出来ました。土日なら一時間待ちとのことなのでタイミングがよかったようです。
この夏のお楽しみスポット確保ね。

お盆休みが近いせいかどうも気分がウワツいているようです。そんなつもりはないけれど、やっぱりちょっと浮かれているみたい。



[PR]
by yasushi-shi | 2017-08-06 00:18 | 外食。 | Comments(14)

ちょっとそこまで。新潟 鵜の浜温泉~長野 切明温泉。その2

そのままウヤムヤ。。にしようかと思いましたが一応続きます、旅行の記録。


お昼ごはんを食べに向かったのは高田。車を停め、ぶらぶらしながらお店に向かいます。風情ある様子だけれど驚くほどの人気のなさ。お昼時でG・Wなのに。

c0234685_13251177.jpg
もしかして夜だけの営業?それにしたって歩いている人が全然いないって。
おひるごはんを食べるお店の候補は2軒(しかなかった)。外から眺めて決めた方に入りました。

c0234685_13293281.jpg
八海山泉ビールのヴァイツェン、アルトのハーフ&ハーフを頼んでご飯を待ちます。だいぶ混みあってきてはいるものの満席ではないのですぐ来るかと思いきや待てど暮らせどなかなか来ないの巻。

c0234685_13320661.jpg
夫は海鮮丼上

c0234685_13323843.jpg
自分は海の幸膳を。これがまた。なかなかこなかった。夫のが来てからしばし待つ。もしやもう一杯飲ませようという作戦?!ワタシよりあとからきたお隣の女性二人組の注文はもう来ているのですけれど。
やっときたお膳を見てはたと気が付く。あれ?メニュウには焼きものか揚げ物で魚選べたよね?で、焼きものって答えたよね。。?夫が珍しく店員さんに聞いてくれたところ「焼きあがり次第持ってきますので」そうかい。混んでるしいたしかたないよねと納得するも他のものがたべおわっちゃうよ、なタイミングになってもきません。おまけに別で頼んでいたスナエビのから揚げもまだ。ここで本当に珍しいことですが夫がまたも「唐揚げと焼きものがまだなんですけれど」と聞いてくれた!驚いた。普段なら絶対しないのに。

c0234685_13391115.jpg
スナエビ唐揚げ

c0234685_13393035.jpg
焼き物のニギス。海老も魚もきっと海まで獲りに行っていたんだね。
せっかくおいしいのに順番が違うとかなり残念。G・Wに出掛けるとこういうことって結構ある。ま、ビールおいしかったしよしとして食後に街をぶらぶらすることにいたしました。

ここ高田の街は日本三大夜桜のひとつらしいのですが、それはもう季節ではないせいか閑散とした印象。というか閑散どころじゃなく人影がほとんどなかった。

c0234685_13445314.jpg
日本最古の映画館なんですって。

c0234685_13454849.jpg


雁木という雪除けのためのつきだした庇のある風情ある街なのになぜか観光客もほとんどおらず。というか住んでいる人達すらみかけません。車は結構通るのに。ちょっと薄気味悪いくらいに静か。混雑したところは好きじゃないけれど、こうまでひとけがないのはまた異世界のようで尻の座りがわるいものです。
街歩きに満足したら宿のある鵜の浜温泉へ向かいます。海、海へ!

ホテルにつき、車を降りるとキジのけたたましい声が聞こえました。キジって海際にも住めるんだ、案外順応性の高い鳥なんだと感心しきり。チェックインを済ませたら海を見に行きます。

c0234685_13492499.jpg
夏は海水浴場になるらしい鵜の浜、夕日がきれいなところで有名なんですって。まだ日が落ちるには早い時間ですが海はみたい。海までは歩いて
5分くらいでしょうか。近いです。

c0234685_13550913.jpg
波の穏やかな広々とした砂浜。
上の方にはハマエンドウやコウボウムギ、ハマボウフウが沢山生えていて「なぬ?!」摘みまくりたいところを「今日はウチに帰るわけじゃないし」と必死にこらえました。ああ、天然もののハマボウフウってきっとおいしんだろうな。。

c0234685_13564322.jpg
後ろ髪引かれつつ宿へ戻ります。徹夜で運転したヒトはそろそろ電池がきれちゃいそう。お風呂に入って一休みしたがよかろうということで、ぶらぶら戻ります。途中こんなのがぶらさがっているおみやげやさんをひやかしのつもりで入ったら!なにやらアタリ?「佐藤直吉商店」さんはおみやげもの屋さんというより干物屋さんでしたのです。鵜の浜温泉の湯はしょっぱい塩味のお湯なのですがその温泉水に2時間浸して味を入れ、浜で干して仕上げるのですって。このときもおじさんは今朝揚がりのヒラメの仕込みをされていました。よくある海辺の仕入れだけの干物屋さんじゃないというのはめっけもの。これは買いだ!即、送る手配を済ませました。こんなときの決断は早いのです。
達成感?をもって宿に帰りお風呂に入ってひとやすみ。夕日に備えます。

c0234685_14092256.jpg
浜への入り口からすでに美しい。

この日の美しい夕日の時間は18時35分とホテルのロビーに書いてあったのでちょっと早目に向かいました。人気のほとんどない浜辺。これがもし湘南だったらもっとたくさん人がいるしカメラ小僧もといオジサマが三脚立ててずらりと並んでいることでしょう。贅沢なことにここには我々だけ。あ、ワシらこそカメラおじさんとカメラおばさんだったね!刻一刻と移りゆく光景に二人してハタから見たらおかしなカッコで(どうして尻つき出ちゃうのかね?)シャッターを切りまくり、目で見てこりゃ自分らでは写真ムリだと嘆いてみたり忙しくも楽しい撮影タイム。

c0234685_23152361.jpg
砂浜にいる自分にむかって赤い光の道がゆらゆら揺れながらまっすぐに向かってくるのです。歩いて行けそう。

c0234685_23193593.jpg
線香花火の「ジジジジ」と音たつ火の玉みたいに落ちてゆく太陽が海に沈みきるほんの一息前。
落ち切ったあとも去りがたく、結局30分以上も浜辺にてただ沈みゆく太陽を見る。できそうでなかなかできないことだと思う。満足。


c0234685_23231029.jpg
帰ったらごはんの支度することもなくおつかれビール。疲れてないけれど。ふひひ

c0234685_23253373.jpg
c0234685_23255100.jpg
そのほかにもまだまだ。デザートに甘いモノまで(ビールニカエテクダサイ。。)

食後に温泉、寝る前にまた温泉。露天風呂も入ったし。温泉旅行は修行。
というわけで無事一日目が終了したのであります。

つづく。
>




















[PR]
by yasushi-shi | 2017-05-15 23:29 | おでかけ。 | Comments(12)

肉巻き筍。

c0234685_21423239.jpg
・筍の肉巻き
・ツナの入ったサラダ
・新玉と水菜のサラダ
・きゃらぶき

検査後のおなかぎゅるぎゅるな日のばんごはん。そっけないけれど、筍はおいしい。ホントはフライにしたかったのですがゆうべも揚げ物でしたからそれはまた次回のお楽しみということで。
お腹はまだぎゅるってる。にぎやかでおもちろい。

人生初の胃と大腸の内視鏡検査後、行ってみたかった蕎麦屋さんへ。
c0234685_21454893.jpg
おつかれビール。つきだしはあさりの佃煮。ビールがしみる~

c0234685_21455912.jpg
夫は春野菜の天せいろ。筍とたらの芽とうど。ちょっと分けてもらったら筍が!まるで茹でたてヤングコーンのようで激ウマ。天ぷらは塩に限る。

c0234685_21462297.jpg
自分。生湯葉せいろ。とろりとした湯葉がうまうま。

c0234685_21461084.jpg
デザート。そばのわらび餅。いや、葛餅のが近かったけれど。黒蜜が欲しいところ。

検査後の安静タイムが終わるとおやつを出していただきました。蒸しどら焼きと熱いほうじ茶。検査は午前中でしたが終わったのがお昼をだいぶ回った頃でしたのでもうおなかが空いてぐうぐう(ぎゅるぎゅる)。朝、でかける時点ですでにおなかが空いていたのであやうくなにかを口にしそうなくらいでした。
とりあえず無事終わり安堵の一日。まだ年内にひとつふたつ検査があります。検査が年中行事になるお年頃。そんなところまで、きたのね。

c0234685_21463464.jpg
かえり道、コバンソウがわさわさ生えているのを見て「これがほんとに小判なら」と思う欲深BBA。
体がなんともなかっただけでも御の字とせねば。健康はおカネで買えませんからね。







[PR]
by yasushi-shi | 2017-04-24 22:06 | よるごはん。 | Comments(4)

鶏かつ。

c0234685_22474401.jpg
・鶏かつ、らっきょうタルタルと
・ホタルイカとのらぼう菜の蕗味噌酢かけ
・花椒風味のピクルス
・のらぼう菜のお味噌汁

唐揚げとかつ、どっちがいい?と聞いたらまさかの鶏かつ選択。ええー、唐揚げじゃないの?と聞いたら「そういうときもある。気分」だそうです。いや、たしかに鶏かつおいしいけれど。


にほんブログ村

お先に昨日お花見を済ませてしまったのでもう今年はいっか、でしたが働くヒトは今日を逃したらもう絶望的と思ったのでしょう。まあ、そうですね。早起きしておでかけすることに。

c0234685_22533763.jpg
星野珈琲であさごはんしようにつられました。行ったこと、なかったの。ふちの部分がカリッとして中はふわふわで家ではケチるメープルシロップをじゃぶじゃぶかけて食べる。

c0234685_22532034.jpg
カフェオレを注文したら

c0234685_22532834.jpg
ゆで卵とトーストが付いてきました。夫はフレンチトーストのセット。

小雨がそぼ降る中、桜のあるところへ向かいます。

c0234685_22574525.jpg
ずーっと続く川沿いの桜並木にびっくり。木道&土の道なので風情があります。天候のせいで人出もあまりなく静か。それでもレジャー用の椅子にこしかけおいしそうなモノとお酒でお花見する方たちおり、うらやましくなりました。


c0234685_23005733.jpg
電車が通ります。なんとこの橋の下をあるく事ができる!

c0234685_23020872.jpg
花びらひらり、モミジの上に
新緑もきれい

c0234685_23031552.jpg
線路沿いの菜の花も盛り

ここから本流の多摩川までまた川沿いを歩きます。どれだけ歩いてももっともっと、となるくらいすべてが見どころです。
ここで時間切れ、いったん帰宅し夫は用事をすませにおでかけ。

ばんごはんを早目に食べたら今度は駅前からお隣の駅まで続く桜並木を歩きます。

c0234685_23081931.jpg
早くもはらはらと散る花びらが雪のようでした。

貪欲に桜を狩る盛りだくさんな一日。楽しかった!








[PR]
by yasushi-shi | 2017-04-08 23:09 | よるごはん。 | Comments(10)

のらぼう菜としらすとベーコンのスパゲティ。

c0234685_21293901.jpg
・のらぼう菜としらすとベーコンのスパゲティ
・づけサーモンのサラダ、にんじんドレッシングで
・大根とかき菜のお味噌汁

昨日帰国してきたヒトにしゃぶしゃぶとステーキどっちが食べたい?と聞いたら
「ご馳走食べ過ぎておなかが空かないから軽いものを」と所望されました。ぐぬぬ フクザツ。しかしながら異国の地でよく知らない方々とお付き合いの食事というのはたしかに疲れるし味うんぬんじゃないんだろうなー。熟成肉おいしかったらしいけれど。キー
大盛りパスタが盛ってある器は満を持しての登場です。実は昨年暮れに我が家にきたのに使い方を考えあぐねているうちに、春。これはただの大皿ではありません。ろくろ挽きの陶板、つまりは火にかけられるものなのです。わーお!形と大きさにベタ惚れです。最初はパエリアからいやいや肉とか焼いちゃお、などと考えてはいたけれどどうにも決め手がなく。でもはやく使いたくて結局こんなザツなメニュウ。陶板にもこみち的量のオリーヴオイルとにんにくとしらすとベーコンを入れたら火をつけてじわじわ加熱。いい塩梅になったら茹であがったパスタ投入→食卓。ちなみにこれでパスタ一袋の2/3弱はいっています。



にほんブログ村


昨日は夫が帰ってくる日ではありましたが,出張が決まるうーんと前から友人たちとの食事が決まっていたのいたのだからいいよというおコトバに甘え遠慮なくでかけてきました。わはーい♪

c0234685_21400399.jpg

式神は使えないのでただの紙で。製作時間10時間(ウソ 10分くらい)。せめもの気持ち。夫帰宅時片側がはずれだらーんとなっていたらしい。残念。写真を見て「ああ、こんなんだったんだ」と驚いていた。コチラはガックシ。

c0234685_21423048.jpg
前菜

c0234685_21432402.jpg
海水のジュレと牡蠣。これが素晴らしかった!ジュレだけもっとプリーズ、そこで溺れたいくらいです。牡蠣はプリプリどころではなく「ブリンブリン」ぐらまら~す。今年の牡蠣はこれが締めになりそうですが最後を飾るにふさわしい一品。

c0234685_21535743.jpg
ごぼうと長芋の揚げたの。アツアツ・カリカリ・うまうま

c0234685_21553795.jpg
ラム肉のパイ包み。肉!肉!!中にはごろごろお肉がはいっていました。パイと肉だけでも十分すぎるほどおいしいのですがこの野菜たちが(イチバンは蕪!)料理を軽くし、ともすると重くなりがちなところを最後まで飽きさせずにたべさせてくれました。
このほかに豚肉のリエットをおかわりしたりデザートがあったり(プリン最高。ほろ苦いカラメルがたまらない)。よく食べよく笑いよく話しよく呑みました。乾杯のシャンパーニュをグラスで(スパークリングワインじゃない!)からボトルに替え白、白、赤、さらにもう少し赤。
帰宅したら先に帰っていた夫に「ただいま」「おかえり」で一日を締めくくる。いい晩でした。












[PR]
by yasushi-shi | 2017-03-19 22:05 | よるごはん。 | Comments(6)

豚しゃぶ。

c0234685_21411981.jpg
・沖縄豚のしゃぶしゃぶ
・まぐろのすきみ
・柚子大根
・クリームチーズとハモンセラーノ

沖縄豚は甘くておいしかった!バラ肉だけれど脂がさっぱりしているのでしつこくない。今年一番のおかわり量、ごはん3杯も食べてくれたごはんのヒトにびっくりですが嬉しくてニヤリ。そう、コメでシメる2016最後の夜。あ、さけのみはもちろん安定のハイボールをぐびーり。



にほんブログ村

もちろん年越し蕎麦も食べましたとも!あさごはんはりんごとコーヒーでかる~くすませたら散歩がてら早目のお昼ごはんに向かう。

c0234685_21411019.jpg
こんな素晴らしい青いお空に風のないあたたかい大晦日。

c0234685_21392364.jpg
ワタシは鴨せいろ。

c0234685_21405892.jpg
夫は車海老天せいろ。海老と人参を鴨とトレードする。きっと混むだろうと思ったので開店時間に合わせていったら一番乗りでなんだかいい気分。
本年最後の外食はおおあたり。好みの出汁、鴨もだしがらになっておらず、ちゃんと柔らかかったし焼いた葱が香ばしく甘い!天ぷらもかりっと軽くておいしい。


本年も拙ブログにいらしてくださってどうもありがとうございました。おかげさまでとても楽しいブログ生活になりました。来る新しき年もまた食べかつ呑みくいしんぼう上等、日々を泳いでゆく所存であります。これからもどうぞよろしくお付き合いいただければ幸いです。
2017年がみなさまにとりまして幸い多き年になりますよう!



[PR]
by yasushi-shi | 2016-12-31 22:00 | よるごはん。 | Comments(4)

ちょっとそこまで。観音崎へ海を見に行く。

昨日は久しぶりにお休みの夫は街へフットサルに、おおぐらいは美容院へ髪切りに。夕方お散歩をかねてご近所農家さんへ買い出しにゆくというのんびりご近所うろうろデーでした。本日も天気は最高、じゃあ、いっちゃうかってことで海へ!何はなくとも海!!


c0234685_22364175.jpg
観音崎。久しぶり!

c0234685_22384153.jpg
海が真っ青、お向かいの千葉が泳いで渡れそうなくらいにはっきりと見えました。こうしてみるととても近い。

空も海もとにかく青いから目だけでなく脳に染みます。心が広々してくる。

c0234685_22414204.jpg
c0234685_22420039.jpg
美しい灯台。

c0234685_22422550.jpg
横顔も美人

c0234685_22431094.jpg
夜の海の上から陸の光を見る時の気持ちはどんななんだろう

c0234685_22443508.jpg
筋肉少女「隊」→誤
筋肉少女「帯」→正

砲台跡にて。

風も弱く光あふれる中歩いて回ります。

c0234685_22482091.jpg
あちこちでもう水仙が咲き始めていました。海のそばは暖かいのね。
おなかが空いて来たらおひるごはん。道沿いにある食堂へ。美術館併設の海が見えるレストランと鯵フライが評判の食堂どっちがいい?と聞かれたのでほぼ迷うことなく鯵フライを選択。だって、ここは鯵がおいしいところですからね。

c0234685_22495060.jpg
まずはもちろん喉を潤すところから。キンキンで最高。

c0234685_22500114.jpg
つきだしの大根煮がまたおいしいの。

c0234685_22493733.jpg
いろいろ迷いましたが地物のたこと鯵のお刺身定食。たこも鯵もべらぼうにおいしい。鯵は見た目通りぷりぷり。

c0234685_22492534.jpg
評判らしい鯵フライは別で注文。これがまた!こぶりではありますが衣がかりかり、中はふわふわで鯵独特の匂いもなく絶品でした。もうひとつの人気メニュウあなご天も頼めばよかったね。次は!
走水にある味見食堂さん、おいしゅうございました。

c0234685_22505344.jpg
美術館の屋上(広々していて海がど真ん前に見える)やらミュージアムショップを冷やかしつつ帰宅の途に着きます。
さっと行ってすっと帰る。一日中お天気に恵まれ、いい風に吹かれたので体が(✖ 正しくは気分)軽くなったようです。
たいへんよい一日でした。連れ出してくれてどうもありがとう!












[PR]
by yasushi-shi | 2016-12-11 23:05 | おでかけ。 | Comments(8)

お楽しみ。

c0234685_22472570.jpg
安定の楽しさ。今日は近場なので気分的にもゆとりがありました。開始時間が早いのも案外よろし。

c0234685_22492512.jpg
会場に向かいながら横目で。

c0234685_22515116.jpg
c0234685_22521947.jpg
c0234685_22530591.jpg
ライブの始まる前は気合を入れるために、終了後はシメとしてちょこっと絶叫系の乗り物にのってみたり。観覧車は30分待ちなので断念。

c0234685_22551335.jpg
ランドマークを見ると帰ってきた、と実感します。たとえば鶴見あたり?電車から見えはじめたりした時に。
でも一番好きなのはマリンタワー。東京タワーとかスカイツリーなど有名タワーは数あれど、今や色も変わってしまったけれど。





[PR]
by yasushi-shi | 2016-10-30 22:59 | その他。 | Comments(4)

きのうのこと。

まだまだ日も高い夕方前に、そわそわしながら電車に乗って青いお空にぽかぽか浮かぶ白い雲を眺めながら野毛の街へ。あまりに楽しみすぎて体より先に心だけ飛んでいきそう。カメラをもって早目についたら街を撮ろう!と思っていたのになぜだか時間ぎりぎり到着、おまけにお店にたどり着くことが出来ずにちょっと遅刻。そんな昨日。
ゆうべはとてもたのしい時間を過ごしました。学生時代の友人ふたりと野毛のクラフトビールのお店へ。
c0234685_14545217.jpg
一杯目、乾杯に独歩・桃ピルスナー。桃ジュース?!なお味。こういうのは初めて飲んだなー。自分にはちょっと甘すぎた。甘いお酒は苦手。すぐに次へ。でも話に夢中になりすぎて写真も撮り忘れるのまき。

c0234685_14515170.jpg
わさびと塩で食べる三元豚のグリル
これはおいしかった!お肉とわさびの組み合わせが最高。ほかにも玉葱の丸ごとグリルやらオリーブやらごぼうの揚げたのをつまみながらお酒も変えて、深く眠りについていたような過去から現在にいたるまでをまるで自分たちの周りだけ目まぐるしくぐるぐると時間が巻き戻されたりすすめられたりしているような気になるほどたくさんたくさん話をしました。始まりはまだまだ明るい17時。全面的にドアを開放してある開放的なお店はちょっと蒸し暑いけれど通りをゆく人たちも眺められ、実に気持ちのよいものでした。そういえばおとなり、というか前?のテーブルのグループの方たちはどうやらお誕生日のお祝のようでした。女性の方々はは浴衣を着ていましたが今ふうのパッチン帯ではなくきちんと自分でしめた帯なのがとても素敵。こんなお誕生日してもらえるなんていいね(オジサマでしたよ)とほのぼの。
とっぷりと日も暮れ、夜が始まる20時頃には河岸を変えて。前の店の賑やかな雰囲気から一転90年代の音楽が流れるお店で布袋さんの歌声に迎え入れられ、小沢くんやスピッツを聞きながら話はえんえん続きます。
三人で会ったのはどれぐらいぶりだか思いだせないくらいでしたが、こうしてまたみんな元気で笑い合うことができたことがとても嬉しくて有頂天とはこういうきぶんのことではなかろうかと頭の端っこで考えつつハシャギすぎていつも以上におかしなワタシでありました。

こんな自分に付き合ってくれてどうもありがとう。いまさらもうオカシなところは治らないと思われますが、これからも末長くなかよくしてください!






[PR]
by yasushi-shi | 2016-07-31 15:40 | 外食。 | Comments(4)

ちょっとそこまで。三渓園で早朝観蓮。

今日もまた横浜へ。昨日は家に帰っただけだったのでどこにも寄らず。今、三渓園では8/7まで早朝観蓮会開催中ということで朝6時から開園しているらしい!それなら思い切って早起きしてちょっくら蓮の花でも見に行きましょうでめずらしーくささっと支度して現地に到着したのが6時半すぎ。ある意味予想通りの大混雑。


c0234685_14063100.jpg
蓮の花より人が多く水辺はカメラのヒトであふれかえっておりました。

c0234685_14080237.jpg
早朝だというのにすでにイベント?的なもの、蓮のシャワー(蓮の茎は穴が開いていて水が通りその水が葉っぱから出てくるんですよ、の実演)だとか説明だとかがされていて人だかりができていたり。

c0234685_14100411.jpg
せっかくきたのだから園内を歩き回ります。今日は涼しくさわやかな風が吹き抜けていて極上の朝散歩日和。

c0234685_14102925.jpg
c0234685_14113881.jpg
展望台からの景色。湘南の海も素敵で大好きですが、ちょうど奥の方、これこそがワタシの海。子供のころから慣れ親しんだ光景。このコンビナートがばくはつするとウチの方まで焼けちゃうんだぜ、と小学生のころに話題になり怖い気持ちになったものです。

c0234685_14144776.jpg
芝生に朝露がきらめき頭上から蝉しぐれがふりそそぎます。

c0234685_14171646.jpg
さて、十分に散歩をしたならば朝から何も飲まず食わずで「オラもううごけねえ」の5秒前、あさごはんを食べに中華街へ。でも朝、早すぎるんですよ。。だって8時半くらいですから。

c0234685_14202601.jpg
さすがにこんな時間に来たのは初めてです。閑散としていて通りに人がいない!

c0234685_14212348.jpg
9時を回るとようやくおかゆの店が開き始めるのです。

c0234685_14182864.jpg
着席時、9時をちょこっとすぎたばかりですがたくさん歩いて喉が渇いていたのでおはようビーール。しみるね☆

c0234685_14233169.jpg
ワタシはピータンのおかゆ、夫は海鮮をチョイス。混ぜると中からピータンがたくさん出てきた。夫が「海老食べていいいよ」というので遠慮なくひとすくい、2匹頂戴したら海老は3つしか入ってないことが判明。自分はイカばっかりだったとオカンムリ。食べ物の恨みはこわいからなー。それでも美味しくいただきました。
食べ終わって外に出てもよそのお店はまだまだ準備中。

c0234685_14245715.jpg
タピオカミルクのみながらぶらぶら。源豊行まだまだ開店しないし。。で開いてるところでテキトウにお茶と春雨とか搾菜を買って帰宅。それでもまだまだお昼前。
なんだかお得な気分を満喫、のにちようび。















[PR]
by yasushi-shi | 2016-07-24 14:27 | おでかけ。 | Comments(6)