ハンバーグ。

c0234685_22545960.jpg
・ハンバーグ、チーズ入りのとそうでないのと
・葉っぱ
・のらぼう菜のおかか酢醤油和え
・高菜漬け
・つくごんのふわふわなはんぺんと鬼おろし

料理が好きです、と何かの折に云ったりすると「得意料理はなんですか?」とかえってくる。とても、困る。
たぶん料理じゃなくて「食べることが好きです」と答えた方がいいんだと気がついたのはいつのころだったでしょうか。
気が付く前にさんざん悩んで結局「ハンバーグ」と答えることに決めていました。一番失敗がない無難なセンです。
それからウン年経った今でもやっぱり得意な料理はありません。だからやっぱり「ハンバーグ」。得意なわけではなく失敗する確率が低い(ナイわけではない)一番安定した味が出せるという意味にしか過ぎないのですけれど。


にほんブログ村

本が好き、というと「どんな?」て返されるのとにているけれど気がします。やっぱり困る。雑食だから。音楽が好きに対するこたえとも一緒かな。これはもっと限られてきちゃうのでむしろ「誰が好き?」て聞いてくれたらいいのになと思います。「どんなジャンルが好き?」て聞かれるとそのジャンル全般が好きといえるほど造詣が深くないから。会話って難しい。

[PR]
# by yasushi-shi | 2017-03-21 23:06 | よるごはん。 | Comments(10)

鮭弁当。

c0234685_07220961.jpg
・ほぐし鮭のっけごはん
・ブロッコリー
・あじたま
・冷食つくね
・にんじん糠漬け
・金柑とヨーグルト

うへえ、雨。しかしこの時期はガマンしてもいいかと思える。雨が上がればまた緑が大きく動く。植物たちはきっとこの雨を喜んでいるさと思えば通勤の不便くらい、洗濯物が外に干せないくらい無問題。



にほんブログ村


[PR]
# by yasushi-shi | 2017-03-21 07:25 | お弁当。 | Comments(2)

鶏もも肉のグリル。

c0234685_22431713.jpg
・鶏もも肉のグリル、葱塩で
・さば缶のっけのサラダ
・のらぼう菜のおひたし(米酢と麺つゆで)
・冷奴
・糠漬け人参

夏みたいなメニュウ。しかもお酒のない日に!マズった。


にほんブログ村
c0234685_22430407.jpg
撮ったどーー!!!
捕まえたっ

ソメイヨシノ咲いていました。
根元だけだけれど。不思議。住んでいるのは神奈川ですが仕事場は川を渡った街トーキョーシティです。これはその職場への道のりの途中、満開になるとまるで天蓋のようになる桜並木の木。結構こんな風に地べたにちかいところのやつが咲きだしていました。古く大きな木の足元に可憐な色。上の方は黒々とした枝がのびていて老人の気配なのに。先日亡くなった藤村俊二さんの蝶ネクタイ姿が思い浮かびました。どちらもとても良く似合う。高度なオシャレ。

c0234685_22423631.jpg
家の前、お向かいのお庭ではバイモがいい感じで咲いています。



[PR]
# by yasushi-shi | 2017-03-20 22:53 | よるごはん。 | Comments(0)

ほっけ弁当。

c0234685_07285539.jpg
・ほっけ
・あじたま
・ソーセージ
・えのきの梅おかか和え
・高菜漬け
・のらぼう菜の一味おかか醤油和え
・デコポンとヨーグルト

風はないけれど、ベランダにちょっと出ただけで鼻と耳が!ここ数日がヤマなのかな。
薬がなくなる前に病院へ行かねば。


にほんブログ村


c0234685_07292260.jpg
中国のおみやげはお茶とお菓子。ゆうべはジャスミン茶を。いつものんでいるのとは香りも色も全然違いました。
お茶の品質は値段に比例する。まるで咲いているときのままみたいな匂いがします。


[PR]
# by yasushi-shi | 2017-03-20 07:38 | お弁当。 | Comments(4)

のらぼう菜としらすとベーコンのスパゲティ。

c0234685_21293901.jpg
・のらぼう菜としらすとベーコンのスパゲティ
・づけサーモンのサラダ、にんじんドレッシングで
・大根とかき菜のお味噌汁

昨日帰国してきたヒトにしゃぶしゃぶとステーキどっちが食べたい?と聞いたら
「ご馳走食べ過ぎておなかが空かないから軽いものを」と所望されました。ぐぬぬ フクザツ。しかしながら異国の地でよく知らない方々とお付き合いの食事というのはたしかに疲れるし味うんぬんじゃないんだろうなー。熟成肉おいしかったらしいけれど。キー
大盛りパスタが盛ってある器は満を持しての登場です。実は昨年暮れに我が家にきたのに使い方を考えあぐねているうちに、春。これはただの大皿ではありません。ろくろ挽きの陶板、つまりは火にかけられるものなのです。わーお!形と大きさにベタ惚れです。最初はパエリアからいやいや肉とか焼いちゃお、などと考えてはいたけれどどうにも決め手がなく。でもはやく使いたくて結局こんなザツなメニュウ。陶板にもこみち的量のオリーヴオイルとにんにくとしらすとベーコンを入れたら火をつけてじわじわ加熱。いい塩梅になったら茹であがったパスタ投入→食卓。ちなみにこれでパスタ一袋の2/3弱はいっています。



にほんブログ村


昨日は夫が帰ってくる日ではありましたが,出張が決まるうーんと前から友人たちとの食事が決まっていたのいたのだからいいよというおコトバに甘え遠慮なくでかけてきました。わはーい♪

c0234685_21400399.jpg

式神は使えないのでただの紙で。製作時間10時間(ウソ 10分くらい)。せめもの気持ち。夫帰宅時片側がはずれだらーんとなっていたらしい。残念。写真を見て「ああ、こんなんだったんだ」と驚いていた。コチラはガックシ。

c0234685_21423048.jpg
前菜

c0234685_21432402.jpg
海水のジュレと牡蠣。これが素晴らしかった!ジュレだけもっとプリーズ、そこで溺れたいくらいです。牡蠣はプリプリどころではなく「ブリンブリン」ぐらまら~す。今年の牡蠣はこれが締めになりそうですが最後を飾るにふさわしい一品。

c0234685_21535743.jpg
ごぼうと長芋の揚げたの。アツアツ・カリカリ・うまうま

c0234685_21553795.jpg
ラム肉のパイ包み。肉!肉!!中にはごろごろお肉がはいっていました。パイと肉だけでも十分すぎるほどおいしいのですがこの野菜たちが(イチバンは蕪!)料理を軽くし、ともすると重くなりがちなところを最後まで飽きさせずにたべさせてくれました。
このほかに豚肉のリエットをおかわりしたりデザートがあったり(プリン最高。ほろ苦いカラメルがたまらない)。よく食べよく笑いよく話しよく呑みました。乾杯のシャンパーニュをグラスで(スパークリングワインじゃない!)からボトルに替え白、白、赤、さらにもう少し赤。
帰宅したら先に帰っていた夫に「ただいま」「おかえり」で一日を締めくくる。いい晩でした。












[PR]
# by yasushi-shi | 2017-03-19 22:05 | よるごはん。 | Comments(6)