<< 鶏もも肉のグリル。 鶏かつ。 >>

会津のめぐみのばんごはん。

c0234685_20474739.jpg
・アスパラガスと牛肉のバター醤油
・西瓜
・バジルとチーズとトマトのベーグル
・枝豆(湯上り娘)
・蒸しとうきび
・茄子の南部パングリル
・らっきょう酢使いのコールスロー

ゆうべ、渋滞予測を肩すかしに帰ってまいりました。こんなにすんなり帰ってこられたのは初めてじゃないかなあ。なんにせよ、ラクチンでありがたかったです。例によって今年もまた福島に出かけてきました。なんでこんなに心惹かれるのかしら。泊まったのはお初の芦ノ牧温泉、いつもは横を通りすぎるだけの場所。ここもとてもよかったです。ゆっくり出来ました。帰りには大好きすぎる会津に寄ってお買い物。今晩のメニュウ、コールスローのキャベツ以外はすべて会津で買ってきたものです。アスパラガスとトウモロコシの甘いこと!きゅうりは柔らかくパリパリなことといったら。普段地場産のおいしい野菜をたべていますが会津の野菜は格別です。枝豆の「湯上り娘」の味はこちらのスーパーで買うものとは(それでもおいしいのですけれど)香りも甘さも別物。ああ、やっぱり夏以外にも遊びにいけたらいいのにな。

c0234685_20485246.jpg
あちらではここいらではほぼ終わりかけのナツズイセンをたくさん見ました。思い出の花。
誰かの記憶を本か何かで読んだのとカンチガイしそうなほどおおむかし、まだ制服を着ていた頃にオトメしかいないワタシの通っていた学校では夏に合宿みたいなものがありました。学校の施設である建物は富士山のすそ野のはじっこにあり、朝はヒグラシの声で目覚め日が落ちると闇に包まれる(つまり周りには何もない。住宅すらも!)場所でしたがちょうどヤマユリが咲き、ナツズイセンがにょーっと伸びてくる時期に行われるのでした。野草であるにもかかわらず園芸種のような華やかさをもっていたこの花の名前をしらなかった当時、「帰ったら調べよう」とこっそり盗掘したワタシ。そんな自分に付き合ってくれた友人はじゃあとりあえず「アヴィヌヘルシィ」にしておこうと名前をつけてくれました。そのときの衝撃たるや!タダシイ名前じゃなくてもいいのか、しかもなんだその優雅な植物にぴったりの名前は、とぐるんぐるんに価値観を揺らがせる出来事で30年近く経つ今でもわすれることができません。だから私にとっては今でもナツズイセンではなく「アヴィヌヘルシィ」。こちらが正しい名前です。
「このヒトは天才だ」と雷が落ちるとはまさにこのこと、の衝撃的な出来事です。いまでもその気持ちはかわることがありません。
夏の思い出。

[PR]
by yasushi-shi | 2017-08-15 21:18 | よるごはん。 | Comments(17)
Commented by happy_go_luky at 2017-08-15 21:36
おかえりなさい。
どこに行かれたのかしら?
きっと今回も北の方ね…と思っていたら、やはり。

そして素敵な夏の思い出。
アヴィヌヘルシィって優雅で、ぴったりの名前ですね。
こんな名前を瞬時に思いつくなんて、お友達天才です。
Commented by sakanatsuko at 2017-08-15 21:42
ナツズイセンはマガイモノだったんですね!
愉しい(^。^)
お花はステキ
見たことないかも!
私も、オトメしかいない学校に通ってました〜
ちょっと内輪ウケな思い出、有ります
もう何十年も前になったので忘れていて、友人から聞かされて
え???なんて焦ることもあります。
Commented by yasushi-shi at 2017-08-15 22:33
もゆさま
ただいまー٩( ''ω'' )و
そうです。ほぼ100%片思い、じゃなくて「北」です。日本全国どこでもいけば楽しいしおいしいものもあるのになぜか「北」。夫がイヤがらないヒトでよかった。。たぶん前世でなにかやらかしちゃったのかな(´・ω・`)だいたいみんな北に行くじゃない?南に行くのはヴァカンス、北はやらかし。いやいや、そんなことはないけれど!

はい、当時16くらいでしたでしょうか。脳天にイナヅマ落ちました。天才、ですよね!
Commented by yasushi-shi at 2017-08-15 22:38
sakanatsukoさま
「真名」なんですよ、きっと。澄んだ部分がある時代にしかつかめないのかもしれません。割と広い範囲に生息する植物なのでゼヒ探して見てください。今くらいだとここいらでも結構まだ残っていたりします。よそ様のお庭でも兵権できたりしますね。
あ、オトメ学校出身ですか!そうそう、ありますよねまったく覚えていないことwでもあの時代は今思えばまさに安住の地、ぬくぬく温室時代でしたよ。
Commented by yasushi-shi at 2017-08-15 22:43
sakanatsukoさま ついしん
兵権てなんだ?!「拝見」て書きたかったのに(笑)
ごめんなさいね。
Commented by sabawodasiniiku at 2017-08-15 22:52
アヴィヌヘルシィ
素敵な名前ね〜
そしてそして 素敵なお友達
いいわぁ〜
きっと 今も素敵に年齢を重ねていらっしゃるでしょうね〜

おおぐらいさん 女子校育ちだったのですね
٩( ᐛ )و
Commented by love-t_k at 2017-08-15 23:24
渋滞にあわずに帰れて良かったですね!
この渋滞は疲れるんですよね
それに新鮮野菜の食事も美味しそうです(^o^)
Commented by syouhou36 at 2017-08-16 01:08
深夜遅くにお邪魔します。
ナツズイセンの花言葉・・・深い思いやり、あなたのためになんでももします、快い楽しさ、悲しい思い出。
お友達との思い出はとてもステキな思い出だから、これには当てはまらないですね。
おおぐらいさんに似合うのは深い思いやりかな?と思います。
Commented by sakanatsuko at 2017-08-16 06:29
拝見承知です!
オトメなぬくぬく。
アホな話、機会があったら聞いてください
アホくさい愉しい事に、今思えば満ちていたかもです。

ナツズイセンに似てる、キツネノカミソリは
よく見かけてたし好きな花でしたが
ナツズイセンの方が、柔らかくて凜として
んでもって、可憐ですねぇ〜
お友達さんのネーミングステキ(*´∀`)ノシ
Commented by thesakana at 2017-08-16 08:43
オトメのおおぐらいさん・・・。
ひょっとして袴をはいて竹刀を持って、お友達に藤枝蘭丸や北小路環とかいませんでした?ww
Commented by yasushi-shi at 2017-08-16 21:22
デコポンさま
でしょう?素敵。もうもう、目から鱗どころではなく自分が真っ白になるほどの衝撃だったのです。この出来事の前から彼女の際立つ個性と凛とした佇まいに強く惹かれていましたがそれは今も変わりません。美しく強い彼女に憧れ続けています。友人をほめてくださってありがとうございます。とてもうれしいです。

女子校が長すぎて。。自由の国でしたの。
Commented by yasushi-shi at 2017-08-16 21:26
けいこさま
こんなこと、初めてでした。もうずいぶん長くあちら方面へでかけていますがいつでも混雑しますから。みんな外国行っちゃったのかしら(笑)体はひとつしかないしおカネも限られているので行きたいところは多々あれど、行くことができる場所も限られますがそれでもやっぱり何度行っても好きな場所、福島です。もっと北もホントは行きたいのですけれど。北に焦がれているのです。
あちらの野菜は格別です。土のチカラがきっと大きいのですね。
Commented by yasushi-shi at 2017-08-16 21:33
syouhou36さま
おお!深い時間ではありませんか。おつかれではありませんか?気温の高い日がつづくそちら地方ですからどうぞお体を労わってくださいね。
ぷぷぷ( *´艸`) ワタシに「思いやり」の言葉は勿体ないどころかまったくそぐわないのです。「快い楽しさ」を貪欲に追求しちゃってますから☆悪魔に近い、かオニ。でもこの思い出は心のうちのいつまでも輝くトクベツなのです。優しい捉え方をしてくださってとてもうれしいデス。ありがとうございます。
Commented by yasushi-shi at 2017-08-16 21:37
sakanatsukoさま
ありがとです!オトメっていうのも面映ゆいのですがその当時は「ぬくぬく」も自覚できないくらいに傲慢でした。若いって、幼いって恥ずかしくて傲慢でシアワセですね。
キツネノカミソリはちょっとオシャレで孤高なかんじですよね。シャレオツなの。背伸びしたおしゃれ感?
友人をほめてくださってありがとです。とてもとてもうれしいデス(´▽`)
Commented by yasushi-shi at 2017-08-16 21:41
duoさま
あ、それ先輩ですwよくご存知で(*´з`)て、もちっと若いの!ワタシ
オトメ、なんていっちゃうとか見返してみたら恥ずかしくて穴掘って叫びたくなってしまいました。自分はおいておいて、周りはみな正真正銘オトメ。その頃のワタシは自我の暴走で妄想の雨中で宇宙を迷走する小僧でしたのよ。
Commented by chiuchiu1102 at 2017-08-17 13:57
いいなあ…この花、うちの実家の周りにも咲いてるんですけど、なんていう花なんだろうって思ってました。アヴィヌヘルシィって言うんですね(笑)…御学友は,天才ですな。
いいなあ、矢絣のお着物着て、蘭丸さまとか環さまとか、先輩なんだ(笑)。
Commented by yasushi-shi at 2017-08-17 23:12
チウチウさま
10代のうら若いオトメの口からさらりと出た言葉ではないみたい、もしくはその頃にしか出てこない言葉ですよね。はい、天才だと思いました。友人をおホメくださってどうもありがとです。うれしいなあ。
しれっと(笑)先輩ですとか言っちゃって( *´艸`)だったらいいですよねえ。編み上げブーツはいて。たぶんワタシ蘭丸センパイをハートの形の目でこっそり陰から見ちゃう気がします(現代語になおすとつまりはストーキング)。
<< 鶏もも肉のグリル。 鶏かつ。 >>